トヨタ「GR」や日産「NISMO」など…最近、スポーツブランドが増えていませんか?

トヨタ「GR」

トヨタ「GR」は、トヨタ自動車が2017年9月19日に発表したばかりの新しいスポーツブランドです。

第一弾としてヴィッツ GR、ヴィッツ GR SPORT、プリウスPHV GR SPORT、マークX GR SPORT、ハリアー GR SPORT、ヴォクシー GR SPORT、ノア GR SPORTの計7台が発売されました。

GRは、GAZOO Racing Company(ガズーレーシング)の頭文字をとったもので、ニュルブルクリンク24時間耐久レースや、全日本ラリーといったモータースポーツ活動を通じてクルマと人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ車両やパーツを開発します。

GRブランドから販売される車両は、エンジン内部にチューニングを施した「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、ミニバンなどにも設定し、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR SPORT」の3タイプ。そしてGRのエッセンスを感じながらカスタマイズを楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」も設定されます。

走りの機能を追求するパーツとして、将来的には機能系アイテムも導入する予定とのことで楽しみですね。

ちなみに、トヨタの純正カスタマイズカーといえば「人と違ったクルマに乗りたい」というニーズに応えてきたG'sシリーズがありますが、GRはより走りに寄せたチューニングが施されます。

ヴィッツGRMN

2018年春には、最高出力210ps以上を発生する1.8Lスーパーチャージャーエンジンを搭載したヴィッツ GRMNの発売が予定されています。

日産「NISMO」

NISMO(ニスモ)は、日産自動車の100%子会社で、モータースポーツ向け自動車部品の設計・製造・販売、レースへの参画などを行う会社です。

頂点に君臨するGT-R NISMOをはじめ、フェアレディZ、ジューク、ノートなどのコンプリートカーの他、日産車用の専用パーツの制作販売も行っています。

またNISMOパフォーマンスパッケージは、空力性能&バランス、操安性能、デザインバランスなど全ての面において、NISMOの狙った性能を発揮することが可能となるもので、現在はエルグランド、セレナ、エクストレイル、リーフなどに設定されています。

スバル「STI」

STIとは、スバルのモータースポーツ活動を統括するために1988年に設立されたスバルの子会社で、正式名称をSUBARU TECNICA INTERNATIONAL(スバル テクニカ インターナショナル)といいます。

その活動は、1990年に達成されたFIA公認10万km連続走行世界速度新記録(スバル レガシィ:223.345km/h)を皮切りに、WRC、国内GTレース、ニュルブルクリンク24時間レースなど多岐に渡ります。

そのSTIが手掛けるコンプリートモデルが、S207やWRX S4 tS、BRZ tSです。いずれも走りに特化した特別仕様車で、そのままラリーやレースに出ても戦えそうなハイレベルな専用部品が装着されています。

また、STIのエンジニアが開発に携わることで完成された量産モデルが、スバル車それぞれのSTIモデルとなります。

2017年の東京モーターショーには、2015年に発売し、即完売となったS207の次期モデルとなる、「S208(限定450台)」と、2016年にビッグマイナーチェンジを受けた新しいBRZをベースとした「BRZ STI Sport」の出展が予定されています。

さらにコンプリートカーのみならず、スバル車の多くに対応したチューニングパーツも展開しています。

自動車メーカー直系のチューニングカー、カスタムカーはこの10年でぐんと種類が増えました。これからも続々と登場しそうで楽しみですね。

新型WRX STI S208が2017年秋に発売!? 内容を予想してみた

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事