あなたの無意識なその運転が、車の寿命を2年縮めている!? その行動とは?

クルマの使用年数は伸びている…

一般財団法人自動車検査登録情報協会が発表した「わが国の自動車保有動向」によると、2016年の乗用車(軽を除く)の平均使用年数は12.76年。ちなみに1976年は、6.9年ですから、この40年間でクルマの使用年数(実質寿命)は、ほぼ2倍に伸びたことになります。

これにはまずクルマの品質向上が進んだこと、社会インフラとして自動車整備工場が増えたこと(フランチャイズ式カーメンテショップ展開等)など、さまざまな要因があります。

クルマの寿命を延ばすのに重要なこと

一般的な目安としてクルマの寿命は、10年10万キロなどといわれます。10万キロになったら廃車~買い替えというのが、かつては定説だったといえるかもしれませんね。

しかし中古市場を眺めると、10万キロ以上のクルマにも立派な商品価値があり、相応の価格で取引きもされています。

「10万キロが寿命」というのは、ある種の都市伝説というか、固定観念だったともいえます。ただしこれには条件があって、きちんと適切なメンテナンスを行っていることが重要。これは旧車であれ最新型であれ、同じことです。

クルマの寿命を縮めないために、他にどんなことに気をつけるべきでしょうか?

次ページクルマの寿命を縮めないために…気を付けるべきこと

この記事をシェアする

最新記事