空飛ぶ車まもなく発売!気になる値段と必要な免許は?

必要な免許は何?

空飛ぶ車を実際に運転・操縦する場合には、自動車の免許はもちろん、飛行機を操縦するための「自家用操縦士免許 固定翼」が必要になります。

自家用操縦士免許は、航空従事者国家資格のうちの一つで、国土交通省の管轄となります。「自家用」とは、簡単に言うと報酬を得ずに飛行機を操縦することで、日本の運転免許の第一種に相当します。さらに、実際飛行する際には管制塔や他の航空機と交信する必要があるため、航空特殊無線技士か航空無線通信士の資格も取得しなければなりません。

このほか免許ではありませんが、操縦士技能証明証と航空身体検査証明書も必要です。

Flying Car(フライングカー)の場合は、自家用操縦士免許 固定翼 単発のライセンスが必要になります。

飛行機の免許を取得するのに必要な費用と期間は?

飛行機の免許を取るには莫大な費用が掛かるというイメージですが、日本で民間の航空スクール(車でいえば教習所)に通って取得する場合の目安は500〜600万円以上、アメリカでは200万円以下で取得が可能とされています。ものすごい差がありますね。

また、無料取得を目指すなら航空自衛隊で航空学生として学んで取得するという方法もありますが、かなりの難関のようです。

自家用飛行機の免許取得費用は、アメリカの一般的な航空スクールなら日本の半額~1/3程度です。

当然ですが英語での講習となりますから、英語を学んでおく必要があります。費用は入学から取得までざっと合計すると約130万~180万円。訓練飛行時間は60〜70時間必要です。期間は1〜2か月なので、生活費などの費用も必要ですね。

■日本の航空スクールで(固定翼)自家用操縦士の免許を取るために必要な時間

総飛行時間:40時間以上
単独飛行時間:10時間以上
野外飛行時間:5時間
同上教育飛行:20時間
※第一航空株式会社公式サイトより引用

■Flying Car(フライングカー)を日本で使うにはさまざまな障壁が…

日本国内で登録されているセスナ機は、車の車検に相当する対空検査を1年に1度受けなければなりません。ほかに50時間点検など定期点検も必要。飛行時間の管理に関して、地上を走行した時間をどう解釈するのか、車検はどうなるのか?

そもそも、厳しいといわれる日本の法律が適用される国内で、Flying Car(フライングカー)が登録可能なのか、飛行試験はどうするか、などなど日本でクリアしなければならない問題は、それこそ膨大。登録して飛ばすまで、かなりの時間と労力が必要になります。

どうやら1億円以上の空飛ぶ車を買えるようなエグゼクティブは、海外で楽しむことにしたほうが良さそうです。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事