カーナビ機能だけじゃない!スマホでオービス情報も表示できるって知ってました?

無料カーナビアプリの定番!Yahoo!カーナビ

Yahoo!カーナビ

有料・無料問わず、カーナビアプリの定番といえば、Yahoo!カーナビです。無料でありながら、カーナビとしての基本性能は、有料アプリにも引けを取りません。

基本的なカーナビ機能はもちろんのこと、変わった機能として「きせかえボイス」機能があります。ナビの音声ガイダンスの声をアイドルマスターズ シンデレラガールズのキャラの音声に変更できます(要Yahoo!Japan ID)。

また、「運転力診断」という運転技術判定機能もあります。車両タイプ(3/5・7ナンバー、ボディタイプ、軽自動車かなど)を設定すると、スマホ内蔵の加速度センサーを使用し、加速度の安定度、減速の安定性、コーナリングの安定性、ハンドリング操作の安定性、ふらつき傾向の5項目を診断、運転アドバイスを行います。運転に自身のない方は、弱点を把握するためにも積極的に使用したい機能です。

Yahoo!カーナビはYahoo!Japnが提供する、ドライブ関連情報を表示するハブとも言えます。渋滞情報、雨雲情報などは他のYahoo!Japanアプリと連動することで、使用可能になります。

そしてYahoo!カーナビ最大の特徴は、「スピード注意情報」機能です。「メニュー」→「アプリの設定」→「スピード注意情報」をONにすると使用できます。

この機能は、標準でONを担っています。「スピード注意情報」では、高速道路/一般道路問わず、スピード超過に気をつけるべきポイントで、青地に白字でSLOWと書かれたアイコンが表示されます。このアイコンの付近に、オービスが設置されています。

ネットには、新型の移動式オービスにも対応済みとの情報もあります。SLOWアイコンが表示されたら、アクセルを緩めるに越したことはありませんね。

Yahoo!カーナビの対抗馬!カーナビタイム

カーナビタイム

Yahoo!カーナビの対抗馬は、カーナビタイム。月額600円からの有料アプリですが、その使いやすさはカーナビ専用機並みです。

カーナビの基本機能は網羅しつつ、道路交通情報では現在の混雑状況ばかりでなく、数時間後の渋滞予測も表示してくれます。

Yahoo!カーナビの機能で搭載していないのは、「きせかえボイス」ぐらいでしょう。もちろんオービス情報も標準で表示され、アイコンも直感的に理解可能な固定式オービスのデザインです。

他にもオービスを表示可能なカーナビアプリが!

Mapipo

Mapipoは無料アプリです。そのため画面上部に、Google Adsenseの広告が表示されます。これを回避するには、6ヶ月間有効なバナー非表示チケットを購入する必要があります。課金額は240円。年間でも480円なので、大きな負担にはならないでしょう。

Mapipoには通常のカーナビ機能に加えて、スマホ内のオーディオファイルを操作することが可能で、オーディオ機能付きカーナビ専用機なみです。地図情報はGoogle Mapを使用しているため、ストリートビュー表示も選択可能。目的地に近づいたら、ストリートビュー画面に切り替え、実際の景色と比較しながら目的地を探すことも可能です。

オービス情報は、「Menu」→「その他」→「アプリ設定」→「機能設定」→「OK」、画面遷移後下へスクロールすると、オービス情報表示設定項目現れます。項目内容は、オービス表示、オービス警告音、過去取締り表示、過去取締り警告音、警告距離500m、警告距離1kmの6点。最後の2項目以外は、標準でOFFです。

MapipoのMenu表示にはクセがあります。一般的なタイプと異なり、下から上に各項目が積み上がるようにして表示されます。最初は戸惑いますが、2~3回で慣れ、慣れると結構使いやすいのです。全カーナビアプリで、ほぼ唯一といって良い表示方法でしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事