新車・中古車それぞれ購入時にクーリングオフはできるのか?

クーリングオフとは?

ディーラー

クーリングオフ(Cooling Off)」とは、名前の通り、その契約が自分にとって本当に正しいものだったかどうかを冷静に見直す時間を設けた制度です。

その場では、勢いに押されて契約・購入してしまったが、よくよく考えたら必要なかったという場合に、契約書面を受け取った日から8日以内(マルチ商法の場合は20日間)であれば、交わした契約を一方的に解除することができる制度です。

では、この制度は、車購入の際にも適用されるのでしょうか?

車にもクーリングオフは使える?

住宅

車の契約をしたけれど、どうしてもキャンセルしたい。クーリングオフで契約を解除することはできるのでしょうか?

結論から言うと、車の場合は新車であっても中古車であってもクーリングオフが適用されることはありません。

クーリングオフ制度とは訪問販売やキャッチセールスなど、その商品や契約の内容を冷静に判断できないまま契約してしまった場合に適用される制度です。

そのため、自らが店舗に出向いて、購入・契約した商品については、クーリングオフはできないのです。これはスーパーやデパートで購入した商品でも同じです。

では、もし仮に車の販売業者がいきなりあなたの自宅に訪れ、よくわからないまま車を契約してしまったというような状況であればクーリングオフは可能なのでしょうか?

これもNGです。じつは車は、クーリングオフの対象外とされており、制度が適用されないのです。

車は契約キャンセルできない?

トヨタ プリウスPHV

クーリングオフが適用できなければ、車の購入・契約はキャンセル不可能ということなのでしょうか?

販売店によっては、契約後のキャンセルはできないと念を押されることもあるでしょう。また、契約の際に払った手付金をキャンセル料に当てる場合もあります。

販売店は、契約直後に在庫を確保していたり、メーカーに発注していたりするので、販売店に余分な在庫が増えることになります。ただし、販売業者が重要事項を購入者に伝えないまま販売していた場合は、返品や契約の解除を申し出ることもできます。

しかし、販売業者側もあなたの契約した車を確実に納車するために努力を尽くしているのです。一度判を押した契約を安易にキャンセルができないことは、購入者側である私たちも知っておく必要がありますね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事