ボディが凹凸!? 3Dスキンを採用したDS3ダークサイドの塗装とは?

DS3とは?

DS3

DS3は、プジョーシトロエングループが、DSブランドで販売している3ドアハッチです。

DSという名前は、1955年に発売された乗用車DSに由来したもので、コンセプトは従来のCラインよりも高級路線を狙ったモデルとしています。現在のDSシリーズは、DS3をボトムに4、5、7をラインナップします。

DS3のボディの特徴は、ツートンカラーのフローティングルーフを採用していること。近年流行のデザインでもありますが、往年のDSを踏襲した意匠と思われます。

立ち位置的にライバルとなるのが、BMW MINI。コンセプトに近しいものは感じますが、クラシックなデザインを基調としているMINIに比べ、DS3は今日的なデザインを採用しています。

DS3のボディサイズは全長3,948mm×全幅1,715mm×全高1,458mm、ホイールベースは2,464mm、車両重量は1,075~1,165kgです。

特別仕様のDS3ダークサイド

DS3 ダークサイド

今回販売となる限定モデル、DS3ダークサイドには、3Dスキンという技術が採用されています。簡単に説明すると、平面でありながら立体的に見える塗装です。

DSモノグラムと呼ばれる模様を塗装面内部に挟み込むことで、その模様が浮かび上がるというもの。ウェストライン、リヤゲート周りに配置されます。その作業はベースカラーの上に模様を入れてから、特殊なクリアコートを塗布し、つや消しのマット塗装で仕上げています。

シックな外装に合わせて、内装もブラックパーツで飾られています。シートには高級感の漂うレザースポーツシートを採用し、インナードアハンドルには複雑なチタンアクセントを、3Dレーザープリンター技術で実現しました。

このように1クラス上の高級感を手にしたDS3ダークサイドは、同じBセグメントのライバルと比べても、所有感は非常に高いと言えるのではないでしょうか。

販売価格は、303万円。DS3の価格帯が259~399万円となっているので、「DS3ダークサイド」はちょうど中間の価格帯に当たります。ライバルとなるMINIと比較しても、十分に魅力的な価格ですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事