300万円のセカンドカー…あなたなら何を買う?

セカンドカーを持つ意味

ざっくりセカンドカーといっても、奥様や家族のためのアシ代わりのコンパクトカーであったり、仕事のための商用車、さらには自分の趣味を思い切り反映した実用性無視の選択など、解釈はその人の環境によって変わります。そこで今回は、あえて趣味性の強い車種にしぼって話を進めてみようと思います。

通常、ファーストカーであれば実用性を重んじなければならない側面がありますから、ユーザーは少なからず現実的な選択を迫られています。

しかし、セカンドカーとなると、趣味性をグンと上げることが可能です。もちろん、ある程度の経済的余裕がなければセカンドカーの所有は不可能ですが、クルマ選びのなかでもセカンドカーは非常に楽しいものがあります。

もしも300万円あったら…、どんなセカンドカーを選びますか?

週末の現実逃避…オープンスポーツ

セカンドカーとしてのニーズが高いのは、やはり2シーターオープンモデルでしょう。

収納スペースや定員など、実用性をスポイルした代わりに、かけがえのないドライビングプレジャーを得られるのが2シータースポーツモデルです。

マツダ ロードスター(Sグレード)…¥2,494,800

300万円以下のオープンスポーツモデルといって、真っ先にあがるのがマツダ ロードスターで異論はないでしょう。

2.0L、電動オープントップのRFも魅力的ですが、1.5Lモデルでも車重は1t弱ですから、充分なパワーでドライビングプレジャーを感じさせてくれます。まさにセカンドカーにピッタリのモデルです。

ホンダ S660…¥2,180,000

ビートの再来ともいえるS660は、軽自動車ながらも専用設計の車体中央にエンジンを搭載することで、痛快な走りを楽しめるモデル。また、車はマニュアルミッションで、というユーザーには軽自動車唯一の6速MTも魅力です。

絶対的なパワーはありませんが、高いドライビングプレジャーを得られる本格スポーツです。環境性能、経済性に優れているのもセカンドカーとしての適性が高いといえる1台といえそうですね。

買い物から小旅行まで…Aセグメントモデルの魅力

ファーストカーには、ちょっと小さいけれど、平日は奥様や家族のアシとして使い。休日は、1人でフラっと出かける用にもう1台必要…運転しやすいコンパクトカーで、できればキビキビ走れるモデル…。そんなセカンドカーも、おおいにアリだと思います。

フィアット500C(TwinAir Lounge)…¥2,797,200

往年のフィアット500のイメージを再現した現行モデル、それも電動ソフトトップ仕様の500Cは、オープンエアを楽しめる魅力的なモデルです。できればエンジンにもこだわって、2気筒ターボのTwinAirを選びたいところ。

懐かしいエンジン音とスタイルのレトロテイストながら、現代的なパワフルな走りが堪能でき、JC08 モード燃費24.0km/Lという環境性も大きな魅力です。

セカンドカーといえないほど、乗りこんでしまうかもしれませんね。

ルノー トゥインゴ(INTENS Canvas top)…¥1,990,000

現行ルノー トゥインゴは、スマートとプラットフォーム、エンジンなど多くのコンポーネントを共有する兄弟車です。

とはいえ、Aセグメントの実用車としての性質が強いトゥインゴは、4ドア仕様。セカンドカーにとどまらない使い方も可能な一台。

3気筒ターボエンジンは、0.9Lながら90馬力を発揮し、軽量ボディでJC08モード燃費21.7km/Lとこちらも経済性に優れています。

リアエンジンリアドライブというレイアウトは、往年のルノー5ターボを想起させるもので、趣味オヤジのツボかもしれません。

セカンドカーで、思い切りスポーツ走行を楽しみたい…

トヨタ 86

少し前であれば、セカンドカーといえばスポーツモデルが多かったでしょう。実際、メーカーも力を入れていましたよね。しかし、現在では300万円以下のスポーツカーは非常に少ないのが事実。国産でいえば、トヨタ86くらいしか浮かびませんよね。

もちろん、トヨタ86もセカンドカーに持てれば非常に楽しいのですが、もう少しエッジの利いたモデルをチョイスしたいところ。

ルノー ルーテシアR.S.(CHASSIS SPORT)…¥2,840,000

300万円以下でなんと、ルノーのスポーツ部門が手がけたルーテシアをチョイスすることができます。

トランスミッションは、2ペダルMTの6速EDC仕様のみなので、MT派の方は少々不満があるかもしれませんが、1.6L DOHC 4気16バルブターボエンジンは、最高出力200ps/6,050rpm、最大トルク 24.5kgm/1,750rpmと非常にパワフル。なによりルノースポールが強化したシャーシ、足回りでスポーツドライビングを存分に楽しめる1台です。

スポーツモデルとはいえ、2ペダル、4ドア仕様ですから、セカンドカーというよりファーストカーにも選べるモデルですよね。こうしたモデルが国産メーカーからもっと出てくると、楽しいのですが…。

さまざまな趣味を反映できるのがセカンドカーの魅力。今回漏れてしまいましたが、スズキ ジムニー、ジープ レネゲード等の本格SUVモデルで山野を走るのも非常に楽しそうです。

皆さんは、どんな方向性でセカンドカーを選びますか?

この記事をシェアする

最新記事