2018年1月新作公開決定!キングスマン2に登場する車は?

①ジャガー Eタイプ

ジャガー Eタイプ

イギリス車といえば、ジャガー。スポーツカーといえば、Eタイプです。

第2弾となる『キングスマン:ゴールデン・サークル』で、コリン・ファース演じるハリーの愛車として登場します。やはりイギリス車にはスーツがよく似合いますね。

Eタイプの歴史は古く、登場したのはなんと1961年。日本では、トヨタ パブリカやダットサン ブルーバード(310)が発売された年です。

3.8Lの直列6気筒をフロントに搭載したロングノーズショートデッキスタイルは、トヨタ2000GTやフェアレディZなど日本車を含む多くの車に影響を与えた車でもあります。

②ロンドンタクシー

ロンドンタクシー

クラシカルなデザインが特徴のロンドンタクシー。そこにいるだけで画になるレトロなタクシーはさすがロンドンと言ったところでしょうか。ただし、実際にはイギリス全域の主要都市で見ることができます。

製造メーカーは、もともとBMCで、その後オースチンブランドで販売。1982年以降は、カーボディー社(後にLTI=ロンドンタクシーインターナショナルに改称)社に製造権が移管されました。

劇中では真夜中のカーチェイスシーンに登場します。走行中に繰り広げられるアクションシーンには、車ならではの魅力が詰まっています。

③ジャガー Fペース

ジャガー F-PACE

Fペースはジャガー初のクロスオーバーSUVです。これまでセダンやクーペがメインだったジャガーとしては、まったくの新しい試みですが、デザイン性の高さは、他のどのメーカーにも引けを取っていません。

技術面でも相当なこだわりが見られ、ボディはアルミの軽量モノコック。トルクフルな2.0Lターボディーゼルと3.0Lのガソリンスーパーチャージャーモデルが用意されています。劇中ではどんな活躍を見せてくるのでしょうか。

さて、次のページでは前作で登場したモデルを紹介しましょう。

次ページ前作『キングスマン』に登場したモデル

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事