ガソリン、ハイブリッド、EV、FCV車…火災や浸水時に危険な車はどれ?

①もしもクルマが浸水したら…危険な車はどれ?

雨 走行

自動車が浸水したら、外観上問題がなさそうな状態でも、感電事故や、電気系統のショート等による車両火災が発生するおそれがあります。不用意に触れないようにしてください。

現代の自動車は、燃料を問わず、電気なしには動きません。とりわけPHV・PHEVを含むハイブリッド車およびEV車は、高電圧の駆動(走行)用バッテリーを搭載していますし、なかには床下にバッテリーを収めているモデルもあります。浸水時は、危険度が高まるため注意しましょう。

浸水被害の対策方法は?

浸水した車両から被害に遭わないためには

浸水車両は、ハイブリッドやEV以外でも、感電する可能性は高まります。被害に遭わないために、次の対策を行いましょう。

①浸水した車両に触らない
②エンジンを始動させない
③販売店に連絡して、車両を回収してもらう
④発火を防ぐため、バッテリーのマイナスターミナルを外す

④はゴム手袋など絶縁体を介して、作業しましょう。また、暴風雨の際に車を動かす予定がなければ、事前にマイナスターミナルを外して置くのも手です。外したターミナルはバッテリーに触れないように、ビニールテープなどを使って固定しておきましょう。

車両を浸水被害に遭わせないためには

愛車を浸水被害に遭わないよう、駐車場を工夫してみてもいいですね。

①自宅回りの下水を清掃し、雨水を流れやすくする
②駐車場を位置を地面レベルより高くする
③自宅駐車場に排水・吸水性の高い素材で敷き詰める

車両保管場所に、なるべく水を近づけないよう工夫してみましょう。自宅カーポート用の立体駐車場も製品化されているので、金銭に余裕があればこちらも検討してみてもいかがでしょう。

次ページもしもクルマが火災を起こしたら…危険な車はどれ?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事