道路が冠水!駐車場の愛車は大丈夫?冠水路を走る際の注意点とは?

冠水とは?

雨 走行

冠水とは、集中豪雨や雪解けなどにより河川が氾濫、堤防の決壊などで、田畑や道路などの地形が水に浸かっている状況を意味します。

また駐車場や家屋など建築物が水に浸かると浸水、自動車は水の浸かり具合によって浸水、水没と言います。

冠水によって車が故障した場合は保険はきくのか?

お金

冠水が集中豪雨など水災害によって発生したものであれば、一般型、簡易型どちらの車両保険でも適用されるケースがほとんどです。

ただし冠水が地震により発生した津波によるものであれば、多くの車両保険は適用されません。では、詳しく見ていきましょう。

車両保険の補償対象・補償額は?

自動車が水に浸かっても、アンダーボディまでなら、まず被害はありません。しかしマフラーやフロントグリルまで水に浸かった場合、エンジンにダメージを負うことがあります。

水が引いたらエンジンを始動させてみましょう。簡単に始動するようなら問題はなさそうですが、始動しない場合には、エンジン内まで水が侵入している可能性があります。

エンジンが水に使った場合の脱着、オーバーホール、給排気系の修理などの修理代金は、車両保険の補償金額を上回ることも考えられます。その場合は全損扱いとなり、免責なしで補償金額が100%支払われるケースが多いようです。

また車内が浸水していた場合、シートや内装の染みや汚れ、パワーシートやオーディオ、ナビなど電装品の故障などの修理にも車両保険が適用されます。

冠水被害により車両保険を使用した翌年の等級は?

水災害により修理に車両保険を使用した場合、翌年度の保険等級が1ランクダウンします。

翌年度は割引率が低くなりますが、こういう時のための車両保険です。背に腹は変えられませんね。

次ページ自宅の屋外駐車場に停めてある車はどうすればいい?

この記事をシェアする

最新記事