日産GT-RとBMW M4…約1,000万円のスポーツクーペはどちらが楽しいのか?

日産 GT-R

日産GT-Rは、スカイラインから独立して2007年に登場。ポルシェ ターボやフェラーリ、アストンマーティンといったスーパーカーの仲間入りを果たしました。

年次改良を続け、現行モデルが歴代最強スペックを発生しているものの、サーキットでコンマ一秒でも切り詰めたいユーザーには、NISMO仕様を用意。その役割を引き受けています。

BMW M4

BMW M4は、BMWのモータースポーツ関連会社のM社が開発するモデルで、BMW社で生産されています。M4は4シリーズを、M3は3シリーズをベースにしており、M4はM3のクーペ版になります。

Mモデルのライバル関係にあるのは、メルセデスのAMG、アウディのRS。1000万円前後のスポーツクーペ市場では、他にレクサスRC Fが台頭してきており、賑わいを見せています。

ポルシェ ターボやフェラーリ、アストンマーティンは手が出ないし、サーキット走行から旅行まで一粒で二度味わいたいという欲張りな人にはスポーツクーペはうってつけではないでしょうか。

まずはこの2台を基本スペックから比較してみましょう。

日産 GT-R 2017年モデル プレミアムエディション 6AT 1,170万5,040円

日産 GT-R 2017

エンジンは、V型6気筒の3.8リッターツインターボ。最高出力は、419kW(570ps)/6,800rpm、最大トルクは637Nm(65.0kgm)/3,300-5,800rpmと強力。

組み合わせる6速デュアルクラッチミッションは、リアアクスルに配置されるトランスアクスル方式で、駆動方式は4WD。トランスアクスル方式は、フロントに集中しがちな重量物を後方に置くことで重量配分に有利ですが、4WDのGT-Rの場合、機構が複雑でプロペラシャフトが2本必要となります。

BMW M4クーペ 6MT 1157万円

BMW M4 2017

先代M3ではV型8気筒の4リッターエンジンを搭載し、物議を醸しましたが、現行型は直列6気筒3リッターのツインターボを選択。燃費とパフォーマンス向上に寄与しています。

最高出力は、317kW(431ps)/7,300rpm、最大トルクは550Nm(56.1kgm)/1,850-5,500rpm。組み合わせるミッションは、6速MTもしくは7速M DCT Drivelogicが選べ、駆動方式はFRです。

この両車、値段こそ近いものがありますが、その成り立ちは大きく異なり、性格も違います。

ハイテクを享受するか、匠の技を味わうか

どちらが速いんだ?と聞かれれば、ズバリGT-Rに軍配があがるでしょう。キモとなるのは、電子制御された4WDによる高次元での走行安定性。これはサーキットでの走行はもちろん、気候変化が激しい日本の路上でも威力を発揮します。

ハイテクのデパートと言っていいくらい、カタログスペックを賑やかし、GT-Rを買えばハイテクの恩恵を受けて最初からハイスピードドライビングを味わうことが可能でしょう。センターコンソールのマルチインフォメーションモニターには、ドライブゲームのグランツーリスモと同じプラットフォームを用いるなど、エンタメ性の高い装備もGT-Rの楽しみといえます。

パフォーマンス対バリューでは、GT-Rです。これだけの高性能で、1000万円前後は "やっちゃえ日産” の精神なのか、本場欧州市場からも価格の面でも大絶賛なのです。

一方でBMW M4は、レースシーンや一貫した市販車へのフィードバックという意味で、ルーフにカーボンを採用したり、サスペンションアームにアルミ、カーボンのストラットブレースバーなど、随所に実践的なチューニングが施されているところに、一日の長を感じます。

また、レーシングカー並みのインタークーラーによる冷却マネジメントを始め、BMWの伝統と言えるリニアな操舵フィールなどがM4の魅力となっています。

ドライバーが楽しい、気持ちが良いと素直に感じることができるあたりがBMWの匠の技。こうしたバックグラウンドで味付けををやっているところがなかなかマニアックです。

大人っぽい選択に見えるBMW M4と、性能ありきの鼻息荒いGT-R。どちらも捨て難いですよね。

このクラスが買えるようになったなら、先ずはGT-Rのようにハイテクを享受して速さを身につけたいとも思いますし、BMW M4はドライバーのスキルに応えてくれるクルマも次のステージとしていいかもしれません。それぞれに違う楽しみ方がある、と言えますね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事