おしゃれさん必見!グッチやアルマーニなどファッションブランドとコラボした車5選

①フィアット500 by Gucci

フィアット500は、1936年に発表された小型車で、初代は1955年まで生産。トッポリーノの愛称で親しまれました。その後、1957年になると新しい500(NUOVA500)がデビュー。国民車として人気を博しました。現行モデルは、その初代のコンセプトを守り、軽量コンパクトな車体に仕上げられています。

「フィアット500 by Gucci」は、イタリア統一150周年とグッチ創設90周年を記念して販売されたもので、ボディサイドにはグッチカラーのストライプが配されるほか、Bピラーとテールゲートに専用ロゴ、さらに専用ホイールを装備。また内装にも、シートやシートベルトにグッチのカラーやロゴがあしらわれています。

ボディタイプは2種類で、通常のハッチバックとオープントップがありました。

②マセラティ グランカブリオ フェンディ

マセラティは、同じイタリアのファッションブランド、フェンディとコラボしました。

ダークグレーの車体にフェンディイエローがアクセントに加えられ、より高級さを増しています。サイドステップやレザーシートにはフェンディのロゴが入り、いたるところがハンドメイドで仕上げられています。

世界で50台の超希少モデルで、車体価格は2,639万3,000円。うち2台が日本でも販売されました。

③メルセデス・ベンツ CLK デジーノ by ジョルジョ・アルマーニ

メルセデス・ベンツと、イタリアのアルマーニがコラボした世界で100台(日本向け30台)の特別仕様車です。

内外装に特別なカラーや素材を使用するベンツの特別注文プログラム「デジーノ」の一環として完成されたモデルで、5.0リッターV型8気筒エンジン搭載のCLK500カブリオレをベースに、ジョルジオ・アルマーニ氏が厳選したカラー、コンビネーションおよび素材によりドレスアップされました。

④ブガッティ ヴェイロン Fbg par エルメス

ブガッティは、フランスのエルメスとコラボしました。ブガッティとエルメスの結びつきは古く1920年にさかのぼることができます。

現在でも販売されているエルメスの代表的バックであるボリードは、ラジエターグリルのカタチが似ていたことからブガッティという名で販売されていたそうです。

そのベースモデルは、8リッターW16エンジン、最高出力1001psを発揮するヴェイロン16.4です。

この超高性能車の内外装デザインを、エルメスのデザイナーであるガブリエーレ・ペッツィーニ氏が手がけました。ハンドルやシートなどインテリアの多くがエルメスレザーで覆われています。価格は、当時の日本円で2億7,800万円という破格っぷりでした。

⑤ランボルギーニ ムルシエラゴ LP640 ヴェルサーチ

ヴェルサーチとランボルギーニの両デザイナーのコラボレーションで生まれたモデルが、ムルシエラゴのリミテッドバージョンです。

パステルホワイトのボディやレザーシートには、ヴェルサーチの象徴であるギリシャ模様(グリーク・キー)があしらわれ、エンジンフードにはなんとガラス製の透明のものを採用。非常にデザイン性の高い車となっています。

コラボにおり車の持つ個性をよりアピールできる

無題

ファッションブランドとコラボするモデルは、高級自動車メーカーが多い印象です。これによりもともと車両が持っている個性がより強調され、希少性や所有感もアップしますね。

また、こういったプロモーションによって、お互いのブランドイメージの向上に繋がるという理由もありそうです。

自動車メーカーは他にもスポーツブランドやキャラクターなど、さまざまにコラボしています。探してみると、興味深いモデルが見つかるかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事