三菱、クロスオーバーMPVを発表!日本での展開はありえる?

“クロスオーバーMPV”は再生を目指す三菱の次の一手となるか?

三菱 MPV 2017

三菱自動車は、2017年8月10日から20日までインドネシアで開催される「第25回インドネシア国際オートショー」にて、小型クロスオーバーMPVを発表するとのことです。

“MPVの優れた居住性・多用途性と、SUVの力強さを融合させた小型クロスオーバーMPV”とのことで、ミニバンの居住性と、SUVのスタイリッシュさのいいとこどりをしたモデルといえます。

パワーユニットは、MIVEC付き1.5Lエンジンで、これは先に発表されたエクリプス クロスの新型エンジン、4B40(1.5L 4気筒ターボ) とは異なるようです。組み合わせられるミッションは、5MTもしくは4ATで、これもエクリプス クロス(CVT)とは異なっています。

駆動方式は、現在のところFFのみ。今後、S-AWDの採用は、あるのでしょうか?

このニューモデルは、インドネシア市場に合致するため、3列シートで7人乗り、多彩なユーティリティ、十分なラケッジスペース、コストパフォーマンスといった要素を満たしたもので、生産はインドネシアで行い、今秋から販売開始される予定。

なかなか優れたパッケージだけに、やはり日本での販売がどうなるのかが大きな関心となるでしょう。

ボディサイズも丁度良いMPV、日本での販売を期待したい!

三菱 MPV 2017

今回発表されたMPVモデルのサイズを、RVRと比較チェックしてみましょう。

新型MPV…全長4,475mm×全幅1,750mm×全高1,700mm(最低地上高205mm)
  RVR…全長4,295mm×全幅1,770mm×全高1,615mm(最低地上高195mm)

このように、全長はRVRよりも200mmほど長く、全高は約100mmほど高くなっています。それでいて全幅は20mmコンパクトにされていますから、日本の道路事情にフィットするモデルといえますね。

三菱としても、まずはアジアでローンチして、そこで市場のリアクションを見てから、日本への導入を考えるという狙いがあるかもしれません。

スタイリッシュなSUVは欲しいけど、家族構成からミニバンの居住性・利便性は捨てがたい…といった層に大きく訴求するのではないでしょうか。

ブランド再建の一助になるか、期待大

三菱 MPV 2017

かつてのリコール問題、また直近の燃費偽装の問題で大きくそのブランドイメージが失墜してしまった三菱。しかし、日産・ルノーアライアンス傘下になった直後に「エクリプス クロス」を発表。第2の矢として放たれるのが、今回のMPVモデルといえます。

いずれも、これまで三菱が得意としてきたSUV系に属するモデルであり、このカテゴリーに活路を見出そうとしているのは明白です。

前述した問題は、当面消えることはないと思いますが、まじめに良質なクルマづくりを行えば、マイナスイメージを払拭するのは、そう難しいことではないでしょう。

エクリプス クロスや今回のMPVモデルが、市場でどのような評価を受けるかはわかりませんが、業績が回復したあかつきには「ランサーエボリューション」の復活もあると社長も明言していますから、今後の三菱には大きな期待を寄せたいところです。

もちろん、この新型MPVモデルの日本導入も絶対に行って欲しいですよね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事