「空車」なのに空いてない!? 駐車場の「空車/満車」情報の仕組み

駐車場の入庫台数、どのようにカウントされているの?

空車

駐車場の「空車」「満車」の情報を切り替えるには、駐車可能台数に対する入出庫台数を把握し、リアルタイムで計算すれば良いわけです。

入庫している台数が、駐車可能台数に足りなければ「空車」、台数を満たしていれば「満車」です。

では入庫台数、出庫台数を、どのような方法でカウントしているのでしょうか。

①係員によるカウント

古い駐車場では、入出庫機やセンサーなどはなく、入庫口に係員がいて手渡しでチケットを発行しています。

この発行チケット数と駐車可能台数を比較することで、空車か満車かがわかる仕組みです。

②入出庫機によるカウント

駐車場

入出庫機によるカウントは、主にループコイル式のセンサーが車両を検知し、検知数で入出庫台数を把握しています。

さらに、ゲートが開いた回数、チケットの発行数、利用料金の精算数をカウントして、入庫台数の精度を向上させている場合もあります。

③駐車位置のセンサーによるカウント

駐車位置ではループコイルを埋設、または超音波センサーを設置。車両を検知し、実際の入庫台数を把握する駐車場もあります。

入出庫機で計算上、入庫台数を導き出し、その結果を駐車位置のセンサーで確認できるわけです。

次ページなぜ「空車」なのに空いていない?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事