これがスズキ流のSUV!? イグニスの世界的な立ち位置とは?

スズキ流、新型SUV「イグニス」

スズキ イグニス 2017

スズキ イグニスの注目すべき部分は、低燃費であることです。モーターをエンジンのサポートに使うマイルドハイブリッドによって、2WDモデルではJC08モードで28.8Km/Lという数値を達成しています。

ワゴンRのエネチャージから、マイルドハイブリッドへと進化したこのシステムは、モーターの出力は3.1psですが、軽量化との両立が可能です。

その結果、FFモデルでは車重850kg。最重量の4WDモデルであっても、920kgと軽量に仕上がっています。エンジン最高出力は、91ps/6,000rpm、最大トルクは12.0kgm/4,400rpm。

数字だけを見て物足りないと思う人もいるかもしれませんが、車重を考えると、パワー不足を感じるシチュエーションはそうそうないはずです。

日本向けのSUV

スズキ イグニス 2017

近年、どの自動車メーカーも輸出メインとなりつつあります。日本市場を主戦場にしているのは軽自動車程度で、他はどのメーカーも輸出に力を入れるようになっています。

円安基調であるため当然ではありますが、同時に車の大型化が進み、5ナンバーサイズのほうが珍しいほどに…。とはいえ、日本の道路事情を考えると3ナンバーモデルは、取り回しに関して少々手に余る部分があるのも事実です。

その点イグニスは、全長3,700mm×全幅1,660mm×全高1,595mmとかなり小型で、さらには4.7mmの最小回転半径であるため、取り回しに優れたパッケージとなっています。

くわえてホイールベースは2,435mmと、外から見る以上に居住性は確保されています。日本市場のモデルに求められているものがすべて凝縮されていると言っても決して大げさではない力作といえるかもしれません。

安全装備もばっちり

オプションで用意される安全装備は、デュアルカメラブレーキサポートや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、エマージェンシーストップシグナル、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグなどで構成されます。

なかでもデュアルカメラブレーキサポートは、ステレオタイプのカメラで、車だけではなく、歩行者も検知し、衝突被害を軽減。このカメラは、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能などにも役立っています。

また、全方位モニター付きメモリーナビゲーションを装備すれば、俯瞰画像によって車両の全方位を表示。車庫入れや縦列駐車の際、目視では死角になってしまう部分を確認出来ます。またこのナビゲーションは、apple CarPlayに対応。手持ちのiPhoneを、ナビ画面で操作出来るようになります。

グレード展開とその他の装備

スズキ イグニス 2016

ラインナップは、ハイブリッドMG、ハイブリッドMX、ハイブリッドMZの3種類で、それぞれFFとフルタイム4WDが用意されています。

そのうち4WDモデルには、ハスラーにも搭載されている雪道発進サポートのグリップコントロール。急な下り坂を走る際、およそ7%以上の勾配を検知すると7km/hに抑えるよう自動ブレーキをかけてくれるヒルディセントコントロールも採用され、ドライバーはステアリング操作のみに集中できるのです。

狙いは新しいジャンルの創出?

スズキ イグニスは、日本発の新しいジャンルのコンパクトクロスオーバーとして、欧州をはじめとした市場の開拓を狙って企画されたモデルです。

全長4m以下のボディサイズで見た場合、主なライバルは、VWのクロスup!、トヨタのアクア クロスオーバー(全長4,070mm)ぐらいですが、いずれも2WDモデルのみ。フルタイム4WDを備えたモデルとなると、イグニスの位置するBセグメントにはライバル不在という状況です。

しかしながら、スズキはコンパクトカーで欧州や東南アジアの市場で実績を積んできたメーカーなので、勝算があってあえてライバルのいないジャンルに新型車を投入したのでしょう。

今後、ライバルメーカーは同ジャンルに新車を投入するのか否か。興味深く見守って行きましょう。

スズキ イグニス 画像ギャラリー

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事