車検証を紛失しちゃった!どうすればいいの?

車検証は再発行できる

自動車検査証

車検証は、継続車検のとき以外に、車を手放すときにしか使わないイメージですが、意外にその出番は多いです。任意保険の加入や住所変更、さらに修理のときなどにも必要な場合があります。紛失に気づいたら、できるだけすみやかに再発行の手続きをとりましょう。

再発行の手続きは、所有者本人で行う、代理人が行う、お店に依頼してやってもらうという3通りの方法があります。それぞれ詳しくみていきましょう。

所有者本人・代理人が手続きを行う場合

車検証の再発行は、車両のナンバーを管轄する陸運局で行います。再発行手続きには、再交付申請手数料300円と申請書の用紙代約100円。所有者の認印が必要になります。

また、紛失ではなく汚してしまった場合は、車検証の返納も必要になります。返納ができない場合は、理由書の提出が必要です。手数料納付書と申請書は、再発行申請当日に陸運局にて取得可能です。

代理人が再発行手続きを行う場合は、車の所有者の委任状が必要になります。前述の理由書と委任状は、ネット上からダウンロードすることも可能です。また、本人が行う場合も、理由書を事前に用意しておけば、手続きがスムーズになります。

提出した書類に不備がなければ、当日のうちに再発行されます。管轄によっては若干方法が異なる場合もあるので、実際に手続きを行う場合は自治体のサイトなどで手順を確認しておきましょう。

お店に依頼する場合

女性

仕事の都合で陸運局に行けない、手続きが面倒という方は代行業者に依頼してしまうのも手です。ただし、代行手数料が3,000円~5,000円程度かかります。

代行をお願いする場合、こちらで用意するものは委任状と理由書ですが、代行業者であればあらかじめ書類を用意してくれていることもあります。(ただし記入は自分で行います)

自分で手続きを行えば、数百円で済むので、節約したいという方は、勉強のつもりで自分でやってみるのも良いでしょうね。

紛失に気づいたら早めに手続きを!

車検証の再発行は面倒なイメージがありますが、手順をしっかり把握していれば難しいことはありません。

なによりも紛失しないことが大事なのですが、なくなってしまうのには人それぞれ理由があります。

また、車検証の不携帯は注意のみで済む場合がほとんどですが、まれに罰則があるので、車検証は常時携帯しましょうね!

この記事をシェアする

最新記事