あなたは40億円のフェラーリを知ってますか?

フォスター兄弟、次の標的は62年型フェラーリ 250GTO

フェラーリ 250 GTO 1962

2017年9月22日に公開される映画『スクランブル』で、マフィアに囚われたフォスター兄弟の命を助ける代わりに出された条件が、敵対するマフィアが所有する市場価値40億円の1962年型フェラーリ 250GTOを盗み出すこと。はたして、どんな完璧で美しいマジックを見せてくれるのでしょうか?

映画も気になりますが、もっとも気になるのは今回のターゲット、1962年型フェラーリ 250GTO。同車は走る美術品とも称され、現実世界でも2014年8月に開催されたペブルビーチ・コンクール・デレガンスのオークションで、3,811万5,000ドルという価格で落札。これまでの最高落札額は、2013年10月に落札された1963年式の同型モデルで、その価格は驚きの5,200万ドル!

その1963年式250GTO(#5111GT)は、最初に1964年のル・マン24時間レースでフェラーリ275Pで優勝したドライバー、ジャン・ギシェ(Jean Guichet )選手のもとに渡り、1963年のツール・ド・フランス・オートモービルで優勝しました。また、翌年のツール・ド・フランスでは2位、さらにシャモニーヒルクライムでは64-65年と2年連続で優勝するなど、華々しい成績を残しているマシンです。

これは1,000万ドル以上のプレミアが付くはずですね。

では、そんなフェラーリ 250GTOとはどんなクルマなのでしょうか?

次ページフェラーリ 250GTOはどんなクルマ?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事