エアコンが効かない。これって故障?原因は?自分で直せるの?

エアコンが効きにくい原因は?

エアコン

こんなに蒸し暑いのに、車の冷房が効きにくい。そんな症状は、長く所有したクルマであれば少なからず発生します。

同じエアコンでも暖房と冷房では仕組みが異なっており、冬に暖房がしっかり効いていたからといって冷房もきちんと効くとは限らないのです。

難しい仕組みについては割愛しますが、冷房の効きが弱い場合の原因と対策について紹介していきます。

エアコンガス漏れ・不足

冷媒と呼んだりもしますが、エアコンガスが不足していると、空気を冷やす力が弱まるため、冷房が十分に効かなくなります。

ボンネットを開ければ、コンプレッサーの除き窓でガスの残量はある程度判断ができます。ちなみに泡だらけの場合はガス不足、泡がなく透明の場合は、ガス過多と判断できます。

車に詳しくない方は、最寄りのお店やガソリンスタンドで見てもらうのが手っ取り早いでしょう。

ガスの補充だけであれば5,000円程度です。しかし、ガス漏れの場合はいくらガスを補充してもまた漏れてくるので、根本的な改善が必要です。その場合は、車種やメーカーにもよりますが、最低でも2~3万円程度はみておいたほうが良いでしょう。

コンプレッサーの故障

普段はあまり気にすることはないと思いますが、エアコンのスイッチを入れると、エンジンルームから「カチッ」というコンプレッサーのマグネットクラッチの音が聞こえます。

この音はエンジンルーム付近でないと聞こえない場合もあるので、難しい場合は誰かに協力してもらいましょう。

ガス不足ではなく、エアコンスイッチを入れても音が聞こえない場合は、コンプレッサーの不具合が考えられます。この場合は、コンプレッサーの修理・交換が必要となり、修理代は5万円オーバーが相場です。

エアコンフォルターの目詰まりも

エアコンフィルター

暖房は普通に使えていて、冷房だけ効きが悪い場合は、上記2つの原因が考えられますが、冬に暖房を使っていて風量が弱く、冷房にしても効きが弱い場合は、エアコンフィルターの目詰まりも考えられます。また、エアコンの悪臭の原因もこのフォルターが多いです。

エアコンフィルターは外気を濾過する役割があるため、使うほど目詰まりを起こしていきます。ディーラーによっては1年に一度、もしくは12,000kmで交換を推奨していたりと、意外に交換頻度は高いのです。

エアコンフィルターは最低限の機能を持つものから、排ガスやアレルギー物質を除去する高性能なものまでありますが、おおよそ2,000円~5,000円で購入できます。交換工賃は、通常なら数千円です。

この記事をシェアする

最新記事