マークⅡからマークX、そしてカムリへ…。新型カムリが受け継いだものとは?

新型カムリがマークXや旧マークIIの後継車と目される理由

トヨタ カムリ 2017

新型カムリは、現行型マークXの後継車と目されています。駆動方式やブランドの成立過程がまるで異なるものの、同等の車体寸法や価格帯が理由と思われます。

新型カムリがマークXの後継車とされるには、他にもマークXのDNAを受け継いでいる必要があります。何を受け継いだのでしょうか?

価格は?

トヨタ カムリ 2017

新型カムリの価格は329万4,000円です。最多量販グレードと目されるGグレードは、349万9,200円です。一方、マークXは、もっとも廉価の250Gは、265万6,800円。同価格帯となると、上級スポーティーモデルの250RDSになります。

とはいえ新型カムリでは、エンジンがハイブリッドになっていることもあり、同列で比較することができません。しかし、マークXにハイブリッドモデルが追加されるとなれば、新型カムリの価格帯あたりに落ち着きそうです。

デザインは?

豊田章夫社長が一番カムリらしくないデザイン案を選んだとされる、新型カムリのデザイン。

これまでのカムリといえば、凡庸なセダンイメージのデザインの車でした。ところが新型では、そんなイメージを覆すスポーティなエクステリアに刷新。マークXと名付けられていても違和感はなさそうです。

マークXと新型カムリのデザインには、いずれもキーンルックが採用されいることから、共通のイメージが漂います。

新型カムリ

マークX

エンジンは?

 トヨタ カムリ 2017

新型カムリのパワーユニットは、新型のダイナミックフォース直4にTHSIIを組み合わせています。

一方、直4エンジンはマークII時代に廉価グレードに搭載されていたものの、マークXではV6専用車。さらに駆動方式が、新型カムリはFF、マークXはFRとかなり異なります。

マークXと新型カムリのパワーユニットに共通点はありません。しかしこれは、世界的なエンジンのダウンサイジングの潮流や、実用性能・環境性能を優先させた結果です。

搭載されるA25A-FXS型エンジン自体が新開発で、ハイブリッドシステムと組み合わされることで、33.4km/Lという低燃費を実現しています。

走りは?

トヨタ カムリ 2017

マークII・マークXには、スポーティなキャラクターを持つモデルがラインナップされ、それらがモデルイメージを牽引していました。

対する新型カムリは、厚いトルクを低回転で発生する実用型ハイブリッドシステムを搭載。広い室内とも相まって、スポーティな外観とは裏腹に非常に実用的なキャラクターにまとめられています。

メカニズム的にはサスペンション形式は、新型カムリ・現行型マークXともフロントはダブルウィッシュボーン、リアはマークXがマルチリンクで、カムリはダブルウィッシュボーン。

駆動方式はマークXがFRと4WDで、新型カムリはFFのみなので、リアのサスペンション形式はダブルウィッシュボーンで十分だと判断されたのかもしれません。

シャーシは、最終型マークⅡが11代目クラウン、現行型マークXは12代目クラウンのものを使用。しかし新型カムリのTNGAは、ミドルクラス用のGA-Kで、マークXの系譜を受け継いでいるとは言い難いですね。

新型カムリが現行型マークXから受け継いだもの

新型カムリが現行型マークXから受け継いだのはデザイン・車体寸法・価格帯などで、マーケティングの観点からいえばマークXの後継に収まることができるのかもしれません。

しかし、FRという駆動方式による走りの上質さという点では、少々ベクトルが異なるようです。そういった目でみると、マークXを受け継ぐのは、2018年モデルチェンジと噂される新型クラウンであると期待しています。

この記事をシェアする

最新記事