夏、ダッシュボードに置くと危険なものとは?

ダッシュボードに置くと危険なもの

車載 iPhone

スマートフォン

最近は、多くの方がスマートフォンをナビやミュージックプレイヤーとして車で使用されているのではないでしょうか。

ダッシュボードのような高温の場所に長時間置くと、高熱によるケースの変形ならまだ良いほうで、一時的に使用不能に陥ったり、液晶の表示がおかしくなったり…最悪の場合は、バッテリーの爆発につながることもあります。

車両から離れるとき、スマホは携帯するようにしましょう。

ガスライター

喫煙者の方は、車の中にライターを常備していたりしませんか?もともと火気厳禁のものになりますで、高温になれば当然危険です。

緩やかな温度上昇であれば、ガスが膨張して中身が抜ける程度で済みますが、急激な温度上昇や高温下であれば、爆発の危険性があります。

ガラス近くに置いてあった場合、爆発の威力によってガラスにひびが入るなんていうこともあるそうです。

スプレー缶

ガスライター同様、スプレー缶は破裂の危険性があります。

制汗剤やヘアスプレーなどを車に置いてある方も多いと思います。バーベキューなどアウトドアのコンロ用など、燃料としてのガスボンベを積んでいる場合などは特に気を付けましょう。

爆発した際の破壊力は、小型のガスライターの比ではありません。

缶やペットボトルの炭酸飲料

熱による膨張によって缶やボトルが破裂する可能性があります。

致命的な事故になるようなことは無いかもしれませんが、車内はベトベト、掃除には大変な労力を要してしまいます。

乾電池

お子さんのおもちゃに入っている場合もありますので、意外と車内に電池がある状況というのはありえるかと思います。

乾電池も高熱により液漏れ、発火、破裂の危険性がありますので注意が必要です。

CDやDVDのディスク

熱によって、ディスクが変形したり溶けたりする可能性があります。そうなるとせっかくのディスクも再生不能になってしまうので、注意しましょう。

最近よくあるメッシュ状やウレタン状の滑り止めシートやマットの上に置いてあったりすると、シートやマットがくっ付いて取れなくなってしまうこともあります。


真夏のみならず春先でも車内の温度は上がります。特に高温になるダッシュボードの上にはなるべく物を置かないようにするのが一番の方法かもしれませんね。

この記事をシェアする

最新記事