コレクションの価値が上がる車10台を発表!1位は日本のあの車!

気になるトップ3には日本車が!?

3位 マツダMX-5(ロードスター)RF

マツダ MX-5 RF

3位に評価されたのは、なんとマツダ ロードスター。

北米でもMX-5の名で親しまれてきたモデルですが、現行のRFはその造形美、電動リトラクタブルハードトップといった機構に加え、圧倒的なコストパフォーマンスで、将来価値が出る1台と評価されています。

2位 アバルト124スパイダー

こちらもマツダロードスターの兄弟車といえる、フィアット アバルト124スパイダーが選ばれました。

1.4L 4気筒マルチエアターボエンジンは活気あるパワーユニットであり、元来軽量なボディをスポーティに引っ張ります。

また往年のイメージを現代的に破たん無く蘇らせた点も世界中で評価されていいます。もちろん、コストパフォーマンスも高いモデルでもあります。

1位 トヨタ 86

栄えある1位は、なんとトヨタ86!

2.0Lボクサーエンジンの86は、古典的なFRレイアウトと、パワーを使い切るドライビングプレジャーに溢れたモデル。また価格も2.7万ドル(国内モデルGは262万円)という低廉さも魅力です。

将来、生産中止となった場合、素性の良いスポーツカーとして高値で取引されるのではないかと目されているようですね。

このように、アメリカメディアの評価で、国産モデルがトップ3を飾っているというのも、非常に興味深く、また私達にとって誇らしいところですね!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事