2ローターのロータリーエンジンを4ローターに変えたい!いくらかかる?

ズバリ、気になる費用は?

気になる費用を、2つのチューニングショップに聞いてみました。どちらもRX-7に搭載されている13Bエンジンがベースとなっています。

チューニングショップAによると…
『4ローターキットの価格は、補器類のない状態4ローターショートエンジン(サイドポート仕様)で約300万円です。フルチューンエンジンは、さらに40万円+α(オプション部品)となります。FDの場合、ミッションを後方に10センチ下げた搭載方法で車検取得までだと、最低金額700万円くらい。さらに音量を抑えるために、燃料タンク移設、大型サイレンサー製作で100万円程度の予算が必要です』とのこと。

特殊な内容であるため、各ユーザーと打ち合わせの上、実施しており、この数字はあくまで目安であって、正確な見積もりは難しいようです。

続いてチューニングショップBによると…
『エンジンはペリフェラルポートNA使用で、おおよそ400万円(コンプリートエンジン)。エキマニ、マフラーインマニ、クラッチ、配線、ECU等は含まれていません。どのような仕様にするか、どのような車両に搭載するかで価格は変わってくるので、この価格がスタートだと思って頂ければ幸いです』とのこと。

2つのショップの話をまとめてみると、補機類別のスタート価格が300~400万円。チューニングの方向にもよりますが、一般道を走れるようになるまでに、最低でも800万円ぐらいはかかってしまう計算になります。

これまでレースの世界でしかお目にかかれなかった4ローターロータリーエンジンだけに、搭載するにはとてつもない高額なお金と労力が必要のようです。

しかし、4ローターのロータリーエンジンを搭載したRX-7は、きっとこれまで味わったことのない歓びと、誰も見たことのない世界を見せてくれるでしょうね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives