2ローターのロータリーエンジンを4ローターに変えたい!いくらかかる?

そもそもロータリーエンジンとは?

マツダ ロータリーエンジン

※画像は12A型ロータリーエンジン

ご存知の方も多いと思いますが、ロータリーエンジンは、レシプロエンジンのような往復動ではなく、回転動機構による容積変化を利用して回転動力を出力します。

構造も動作も異なるため、排気量による単純比較はできませんが、日本における自動車税課税時の排気量区分は「単室容積×ローター数×1.5」として換算されます。

ロータリーエンジンは、おむすび形のローター(ピストンとコネクティングロッドに相当)、気密を守るシール(ピストンリングに相当し、アペックスシール、サイドシール、コーナーシール、オイルシールがある)、エキセントリックシャフト(クランクシャフトに相当)、ハウジング(シリンダーやシリンダーヘッドに相当し、ローターハウジング、サイドハウジングがある)などから構成されています。

ロータリーエンジンの長所は、
・軽量でコンパクト
・低振動・低騒音
・エンジンの回転が滑らか
・ノッキングが起こりにくい
・排気ガス中の窒素酸化物(NOx)濃度が低い

短所は、
・大掛かりな冷却装置が必要
・低回転域の燃焼安定性が悪く、熱効率も低いため、燃費やトルク面で不利。
・排気騒音が大きい。
・各シールにかかる負荷方向・摺動速度が常に変動していて、シーリングの確実性・耐久性の確保が困難

世界中の自動車メーカーが開発を行いましたが、1970年代以降も自動車用として量産を続けたのは資本主義圏内ではマツダのみ。マツダは市販車で2ローターと3ローターを投入し、レースでは4ローターのエンジンを手掛けました。

ロータリーエンジン、なぜマツダのみが作り続けるのか?他社が作らない理由とは
いまさら聞けない!! マツダのロータリー神話ってなんですか?

次ページ2ローター/4ローターのロータリーエンジン搭載車は?

この記事をシェアする

最新記事