愛車のなかは、ダニの死骸だらけ!? フロアマットの洗い方

汚れが目立たないからこそ…

フロアマット

自動車のフロアマットは、汚れが目立たず、ホコリを吸着するような素材で出来ています。

そのため、見た目は汚れていなくても、かなり汚れていると思って間違いありません。そして、汚れが目立たずストレスにもならないため、「まだ大丈夫だろう」という過信が生まれ、洗車時にも見落としがちになります。

そもそも、汚れているという事実に気付いていない方もいるのではないでしょうか。

フロアマットの洗い方

汚れが目立たないのと、洗わなくて良いのは別問題です。

フロアマットは常に靴裏と接しているものなので、定期的に洗うことをお勧めします。目に見えない細菌やダニの死骸等もあるでしょう。エアコンの内気循環を使用すると、それらが一緒に循環してしまいます。

洗い方は、家庭の布団同様、紫外線の力でダニを死滅させます。そして布団をたたく時と同じような要領で、なかに詰まっている砂、溜まっているホコリを叩き出しましょう。これだけでもかなり効果的です。

さらに除菌効果のある洗剤を用いて、洗車ブラシで洗うことができればベターです。軽く水で流した後、力を込めて洗います。その後は高圧洗浄ですすぎ、さらには晴天の下で乾燥させる。ここまで出来れば完璧です。

ここで大切なのは、”完全に乾かす”こと。半乾きの場合、臭いだけではなく、細菌の繁殖のもとにもなります。しっかりと乾かすことで、臭いを抑えるだけではなく、良い状態が長持ちします。

ついつい見落としがちなフロアマットですが、綺麗にするだけで車内が快適になります。車内の空気が快適ではないと感じている方は、フロアマットを掃除してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

最新記事