なぜ日本の高速道路は車の大きさによって値段が変わるのか?

高速料金の車種区分とは

高速道路 料金所

高速道路の料金は車の大きさによって異なり、H29年7月現在、以下5区分に設定されています。(※NEXCO中日本HPより抜粋)


軽自動車等

・軽自動車
・二輪自動車(側車付きを含む)

普通車

・小型自動車(二輪自動車及び側車付き二輪自動車を除く)
・普通乗用自動車
・トレーラ(けん引軽自動車と被けん引自動車(1車軸)との連結車両)

中型車

・普通貨物自動車(車両総重量8t未満かつ最大積載量5t未満で3車軸以下のもの及び被けん引自動車を連結していないセミトレーラ用トラクターで2車軸のもの)
・マイクロバス(乗車定員11人以上29人以下で車両総重量8t未満のもの)
・トレーラ(けん引軽自動車と被けん引自動車(2車軸以上)との連結車両及びけん引普通車と被けん引自動車(1車軸)との連結車両)

大型車

・普通貨物自動車(車両総重量8t以上又は最大積載量5t以上で3車軸以下、及び車両総重量25t以下(ただし、最遠軸距5.5m未満又は車長9m未満のものについては20t以下、最遠軸距5.5m以上7m未満で車長が9m以上のもの及び最遠軸距が7m以上で車長9m以上11m未満のものについては22t以下)かつ4車軸)
・バス(乗車定員30人以上又は車両総重量8t以上の路線バス、及び車両総重量8t以上で乗車定員29人以下かつ車長9m未満のもの
・トレーラ(けん引普通車と被けん引自動車(2車軸以上)との連結車両、けん引中型車と被けん引自動車(1車軸)との連結車両及びけん引大型車(2車軸)と被けん引自動車(1車軸)との連結車両)

特大車

・普通貨物自動車(4車軸以上で、大型車に区分される普通貨物自動車以外のもの)
・トレーラ(けん引中型車と被けん引自動車(2車軸以上)との連結車両、けん引大型車と被けん引自動車との連結車両で車軸数の合計が4車軸以上のもの及び特大車がけん引する連結車両)
・大型特殊自動車
・バス(乗車定員30人以上のもの、または車両総重量8t以上で車長9m以上のもの(いずれも路線バスを除く)

このように種類は細かく分類されていますが、要約すれば「車両が大きく重いもの」ほど料金が高くなっているといえますね。

つまり、重量が大きいクルマほど道路に与えるダメージが大きい=維持・補修費用がかかる、というわけです。

いまだに現金払い?ETC払いだと7割以上も安くなるときがあるって本当?
高速道路のトンネル内にある巨大扇風機、風力は台風クラス!?

次ページなぜ車の大きさによって値段が変わるのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事