軽自動車とスポーツカー、年間維持費の差はたったの15万円!?

実は年間維持費の差はたったの15万円!?

トヨタ 86

大手モニタリングサイト「価格.com」が2016年4月21日から4月27日にかけて4,581名を対象に行ったアンケートによると、軽自動車とスポーツカーの平均年間維持費は以下の結果となりました。

【年間平均維持費】
軽自動車:21.5万円
スポーツ:37.1万円

維持費が安いと言われる軽自動車と、コストがかかると思われがちなスポーツカーの維持費の差が年間たったの約15万円!

月々に換算すると、わずか1万3千円しか変わりません。この数字だけを見れば「こんな程度なの?」と思う方もいるでしょう。

多くのユーザーからの平均値ですし、冒頭でもお話したようにカーライフ次第で左右される部分ではありますが、はたしてこの数字は本当なのでしょうか?

ダイハツ タントとトヨタ 86の年間維持費を比較!

ダイハツ タント 2016

軽自動車の代表と言えるダイハツ タントと、人気スポーツカー、トヨタ 86で比較してみるとしましょう。

今回は「維持費」になりますので車体価格は考えません。また、駐車場代料金に関しても同じ場所と仮定します。自動車保険に関しても同じ条件で安いプランを採用してみました。

  トヨタ 86
(2017年式 ZN6型 86G)
ダイハツ タント
(2017年式 LA600S型 X"SA Ⅲ"2WD)
自動車税 26,300円 0円
自動車保険 78,100円 41,600円
重量税 12,300円 3,700円
自賠責 12,260円 11,870円
合計 128,960円 57,170円
※重量税、自賠責は車検時の支払いを年額換算した数字

「保有しているだけで必ず支払わなければならない額」では、年間の差額は71,790円になります。

駐車場代も同じで計算する以上、この差に違いは生じませんので、保有するだけであれば、この額しか変わらないことになります。思っていたほどの差ではないなと感じた方も多いのではないでしょうか。

次ページ実走行が重要!!燃費の差はどれくらい?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事