バブルを生き抜いた名車、シルビアと180SXの違いは?

901運動の成果として登場した車

1989年代、日産自動車は「1990年代までに技術世界一を目指す」という目標をかかげ、品質向上に力を注ぎました。

901運動と呼ばれたこの活動は、1980年代から低迷していたシェア回復の対策として行われました。

その結果、日産は数々の名車を生み出し、技術面も大幅に向上。ブランドイメージのアップや販売回復に貢献しました。

シルビア(S13)と180SXも、この901運動から生まれた車です。

シルビア史上、最も販売台数が多いS13

901運動の一環として誕生した5代目シルビア(S13型)。

未来的なデザインは、”アートフォース・シルビア”と表現され、グッドデザイン大賞を受賞しています。すでに先行して販売されていた3代目のプレリュードとともに、デートカーブームを巻き起こしました。

もともとデートカーというコンセプトから生まれたシルビアですが、ミドルクラスの後輪駆動車でスポーツ走行にも適した設計であったことで、販売台数を大幅に伸ばします。

つまり、硬軟双方のファンに支持されることとなったのです。

リトラクタブル採用モデル180SX

シルビアの誕生から遅れること1年。S13型シルビアの日本国外向けモデルである北米向け240SXをベースにした180SXが誕生します。

これは、先代シルビアにあった3ドアクーペを望む販売店サイドの要望から国内向けに企画されたもので、S13型シルビアと同じく人気車種となりました。

シルビアとの相違点としてあげられるのは、角型2灯式のリトラクタブルヘッドライトの採用。北米の規則では、シルビアのヘッドランプの高さが承認を得ることができず、180SXはリトラクタブルヘッドライトが採用されたのです。

その他エンジンやトランスミッション、サスペンションなど車の基本構造はS13型シルビアと共通しています。

また、インテリアやドアパネル、フロントウインドシールドも共通しており、スタイリッシュなFRスポーツとして高い評価を受けています。

次ページシルビアと180SXの違いとは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事