日本の文化?「サンキューハザード」の由来とは?

サンキューハザードとは

道路 車線変更

海外の方々が驚くサンキューハザード。合流時に、少し無理に入れて貰った際に、よく使う方が多いのではないでしょうか。逆に割り込まれた時に、この行為がないと「イラッ」としてしまう…という方もいるかもしれません。

ハザードランプは、本来”車両の危険を警告する”という目的の装備ですので、正しい使い方とはいえませんが、ドライバー同士のコミュニケーションツールになっているのは非常に面白い現象です。

ただ、この行為をするために無理をしてハザードランプボタンを押すのは、かえって危険なこともありますから、まず運転と周囲の交通状況に集中するのが最優先ですね。また、本来の使い方ではないので、道交法から考えれば「推奨すべきではない」ともいえるところ…。

この独特の文化ともいえる「サンキューハザード」、そもそもどうして始まったのでしょうか?

サンキューハザードの由来は?

ハザードランプ

海外では、ドライバー同士のコミュニケーションにクラクションを頻繁に使う傾向があるようです。日本ではよほどのことがないと使わないよう、心がけている方も多いですよね。時にクラクションでトラブル…といったケースもありますので、少々注意が必要なのも事実です。

その点、ハザードランプを使って相手に謝意を伝える、というのはなんとも奥ゆかしい。日本らしさを感じるところです。

ところがサンキューハザードは、一説には元々ドイツのトラック運転手の間で行われていた習慣であり、日本では、昭和54年に日本の運操業会紙で紹介されたのが始まりと言われています。

ドイツではトラック運転手間だけの習慣だったものが、日本へ輸入されてトラック運転手から一般ドライバーの間にも広がり、現在では広く一般化しました。スウェーデン、イギリスなどでもサンキューハザードは見られるようです。

ちなみに周囲に配慮したハザードランプの使い方が他にもあります。

ハザードランプの使い方

渋滞ハザード

夜間 渋滞

高速道路などを走行中、前に渋滞が発生しているのに気付いた時、減速を後続車に伝えるためにハザードを使うこともよくあります。

これも本来の使い方ではありませんが、後続車への注意喚起という意味では、重要な意義があると考えます。実際、これで早めに減速できれば事故の軽減にもつながる使い方といえますよね。

リバースハザード

車をバックさせる時に、ハザードランプを点灯させることをリバースハザードと呼びます。実際、駐車場などで空いている箇所に停めるため、バックする合図としてハザードを使うことがよくありますし、意識せず使っている方も多いと思います。

これも後続車への注意喚起という意味では、ハザードの正しい使い方といえそうです。

次ページサンキューハザードは合法?違法?

この記事をシェアする

最新記事