戦車って公道を走ってもいいの?必要な免許と価格は?

自衛隊所属最新鋭「10式戦車」で考える

自衛隊の演習などで、戦車が公道を走るシーンが動画サイトに投稿されています。

そもそも戦車は公道を走行して良いのでしょうか?良いとしても、どのような免許やライセンスが必要なのでしょう?民間人は、戦車を購入できるのでしょうか?維持費や燃費は?疑問は、つきません。

戦車とひと口にいってもさまざまです。ここでは、自衛隊の最新戦車10式(ひとまるしき)を取り上げて、検証してみましょう。まずは簡単に主要スペックを紹介します。

【10式戦車 スペック】
ボディサイズ:全長9,420mm×全幅3,240mm×全高2,300mm
車両重量;約44t
エンジン:水冷4サイクルV型8気筒可変ノズル排気ターボ過給装置付きディーゼルエンジン
燃料供給装置:電子制御式ユニットインジェクタ方式
最高出力:1,200ps/2,300rpm
最高速度:70km/h以上
燃料タンク:880L
変速機:油圧機械式無段階自動変速操向機(HMT)
サスペンション:油気圧式
快適装備:冷暖房完備
乗車定員:3名
開発・生産:三菱重工業
価格:約9億5,000万円(2010年度における調達費より算出)

では、疑問を解決していきましょう!

次ページ戦車って民間人でも購入できるの?公道を走れるの?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事