東京モーターショー2017で発表!? 期待の国産車5選

第45回東京モーターショー2017とは

東京モーターショーは、一般社団法人 日本自動車工業会が主催する世界5大モーターショーのひとつです。

45回目の開催となる2017年の開催期間は、10月27日(金)から11月5日(日)までの10日間。一般公開は、10月28日(土)から始まります。会場は、今年も東京都江東区有明の東京ビッグサイトです。

出展する自動車メーカーは、国内14社、海外ではメルセデス、BMW、アウディ、プジョー、シトロエン、ルノー、フォルクスワーゲン、ポルシェ、ボルボなど。面白いとこころでは、スウェーデンの商用車メーカー、スカニアが初めて参加します。

東京モーターショー2017、日本とドイツが独占!海外メーカーの出展が減少する理由

東京モーターショーで発表が期待される車5選

東京モーターショーといえば、近未来に登場するコンセプトモデルや発表して間もない新型車、さらにはワールドプレミアモデルなどが目玉ですが、2017年6月現在、筆者が発表を期待している車両を紹介しましょう。

トヨタ 次期スープラ

※写真はFT-1

トヨタとBMWの共同開発車第1弾が、ミドルクラススポーツカーである次期スープラです。

BMW Z4の後継車とシャーシやドライブトレーンを共有する兄弟車となり、トヨタ仕様はクローズドクーペ、BMW仕様はオープンボディと予想されています。

搭載されるエンジンはBMW製3.0L直6ターボと2.0L直4ターボ。デザインはFT-1風のフロントマスクに、80スープラのテイストを生かしたリアデザインとの噂です。

スープラ後継車のFT-1…噂を聞かなくなったが販売される可能性はある?

トヨタ 次期センチュリー

トヨタ センチュリー

※写真は2代目センチュリー

3代目となる次期センチュリーは、5.0LV8ハイブリッドとTNGA GA-Lシャーシを採用して登場との噂です。トヨタグループのトップモデルとなる次期センチュリーは、事実上のレクサス LSロングボディバージョンとなります。

2017年のデトロイトショーで発表された新型LSのボディサイズは、従来のロングボディより大柄でロングボディの設定はありません。その理由のひとつに、次期センチュリーの存在がある模様です。

次期センチュリーは歴代デザインを踏襲し、ひと目でセンチュリーとわかるものになっています。レクサスで培った製造技術の高さと、匠の技をどう融合させるのかが注目です。

他にもトヨタブースでは、次期クラウンのコンセプトも出品されるとの噂。TNGA GA-Lシャーシを採用し、直4エンジン専用車となる見込みのクラウン コンセプトにも期待です。

センチュリー、早くも復活か!? 次期型はV8 HV搭載で2018年に登場!?

日産 次期リーフ

※写真はIDSコンセプト

純粋なEVである日産リーフは、2017年12月の発売が噂されています。

バッテリーとモーターを改良し、航続距離は現行モデルの288kmから500km前後にまで向上している模様です。エアコンなどを使用しても、400kmは確実とのこと。デザインは前回の東京モーターショーで公開された日産 IDSコンセプトを踏襲し、Vモーショングリルも採用するとのことです。

日産ファンが気になるスポーツモデルに関しては、サプライズ出展の噂があります。第35回東京モーターショーのGT-Rコンセプトや1999年シカゴショーでの240Zコンセプトなどです。GT-R、Zとも、ニューモデルへバトンタッチの時期でもあります。こちらの発表も、期待したいところです。

マツダ RX-VISION市販バージョン

マツダ RX-VISION

前回の東京モーターショーで大好評だったRX-VISION。その市販バージョンが出品されるとの噂です。

新世代ローターリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載し、燃費は目標であった30%改善を達成しているとのこと。あとは経営陣のGOサイン待ちらしいので、2017年の東京モーターショーで参考出品も十分に考えられます。

市販バージョンの名称はRX-7なのかRX-9なのか、コスモスポーツなのか予想が飛び交っています。ただ、2018年はコスモスポーツ誕生50周年です。はたして、どんな名称となるのでしょうか。楽しみですね。

他にもマツダブースでは、2017年内に発表予定とアナウンスされたCX-8が出品される見込みです。こちらは、CX-5のロングバージョンなのか、CX-9のダウンサイジングバージョンなのか、それともミニバン的要素を強めたモデルになるのか、こちらも注目です。

発売はいつ!? RX-8の後継車"RX-9"の開発を正式決議、搭載されるエンジンは?

スバル 次期BRZコンセプト

※写真はスバル BRZ STI Performance Concept

一時期、現行モデルで廃止とか、次期型はマツダ ロードスターのシャーシを使用するなどといった噂があった次期BRZ&86ですが、現在はスバル グローバル プラットフォーム(SGP)を採用したモデルの開発がスタートしているようです。

登場は、2019年とのことなので、今年のモーターショーではデザインスタディなど先行モデルの発表が期待されます。

次期トヨタ86、水平対向ターボ搭載して2020年に登場か!?
次期BRZには、ターボもSTIも設定されないのか?

他にも期待モデルが!

他に出品が期待されるモデルは、まだまだあります。

レクサスからは、新型GS F、UX、CTコンセプト、LCコンバーチブル。日産からは、新型スカイラインクーペやe-POWERを搭載したクーペモデル。

ホンダなら、ZSX?S2000後継車?S660の発展型とされるS1000も。マツダの新型アテンザに、スバルの新型フォレスターやS4のコンセプトモデル。スズキの新型スイフトターボなど。

いまから10月の東京モーターショーが待ち遠しいですね。

XVの次はフォレスター!? 新型はどんな仕上がりに?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事