エンジンやマフラーなど…車はどこまで水に浸かるとOUTなのか?

車はどれくらい水に弱い?

雨 走行

そもそも市販車は、雨や雪という悪天候でも走行できるよう設計されており、大事な電子パーツは室内に設置されています。つまり、内装にさえ水がかからなければ、基本的には大丈夫なのです。

実際、普段の雨や雪で車が故障してしまう事はほぼないため、水に弱いわけではありません。多少ボンネット内に水が入っても、上手く逃がすことができます。

ただし、意図的にエンジンルームなどに水をかける行為はトラブルのもとです。では、クルマはどこまでの水に耐えられるのでしょうか?

エンジンはエアクリーナーまで

エアクリーナー

まず、エンジン部分はエアクリーナーボックスが冠水すると、燃焼に必要な空気を圧縮することができず、エンジンが止まってしまいます。最悪の場合は、そこからエンジンが水を吸い込み、ウォーターハンマー現象が発生、コンロッドが曲がってしまい、二度とエンジンがかからなくなってしまうこともあります。

エアクリーナーボックスは、車種によって配置場所はさまざまです。車両が水没する前に、愛車のエアクリーナーボックスの場所を確認しておくと良いかもしれませんね。

もしも水没してしまった場合、前述のような理由から自己判断でエンジンをかける行為は非常に危険です。しかるべき所に入庫させて、点検をお願いしましょう。

【梅雨前に要確認】車が天災により水没したらどうすべき?対応方法をご紹介
水が入っても大丈夫?ダクト付きのボンネットのメリット・デメリット

テールはマフラーまで

日産 GT-R マフラー (2016)

マフラーの出口が水で塞がれてしまうと、燃焼したガスが排出されずエンジンは止まってしまいます。

勢いよく排気ガスが出続けていれば走ることはできますが、一度、止まってしまうと水がマフラー内に進入してしまいます。

対策をすれば、ある程度水没しても走行は可能

最低地上高の高いSUVは、必然的にエンジンやマフラーも高い位置にくるので、水没にはある程度強いといえるかもしれません。また、水に弱い電装系を防水にして、エアクリーナーやマフラーを高い位置に持ってくれば、さらに深い場所を走ることはできます。

しかし、このようなカスタムを行っているのは、よっぽどオフロードを走るのが好きな人くらいでしょう。

下の動画は、スズキ ジムニーが池のような場所を走る動画です。マフラーがルーフと同じくらいの高さに付いていたりと改造が見られます。

もし水没した道をなんとか通過することができても、浸水した箇所に付いた泥や海水なら塩分が、後々に悪影響を及ぼすこともあります。水没に耐えられるように改造してあったとしても、デフやミッション・ペラシャフトの点検は怠らないようにしましょう。

ほとんどの場合、何事もなく水没した道を通れることはまずありません。水没したトンネルや高架下は、安易に走行せず、迂回するなどの方法をとったほうが無難です。

この記事をシェアする

最新記事