ランエボで魅せたS-AWC(スーパーオールホイールコントロール)ってなにが凄いの?

WRCで勝つために進化を続けたランエボの装備

三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション

かつてAWDモデルは、曲がらない…と言われました。その定説を覆した1台が、三菱のランサーエボリューションシリーズです。

世界ラリー選手権(WRC)で勝利するために生産されたランエボは、ホモロゲーションモデルとしてのある種の割り切り(特に初期モデル)がユーザーの琴線に触れ、台数限定でもすぐに完売するという異例のモデルになりました。

その名の通り進化を続け、最終的にはランサーエボリューションXでその幕を閉じることになります。

さて、その進化の過程でランエボが身に付けていったのが、“曲がるAWD”としての電子デバイスです。

代表的なものが、AYC(アクティブヨーコントロール)でしょう。ランサーエボリューションIVから採用されたこの技術は、ハンドル角、速度、ブレーキ、旋回Gなどのセンサーを基に後輪左右の駆動移動をコントロールする電子制御デバイスです。この装備により、ランエボは”曲がるAWD”として、より高い評価を得ることになります。

ランエボ亡き今でも、この技術はアウトランダー、アウトランダーPHEVに搭載されており、電子制御AWDシステムと連動させた「S-AWC」というシステムとなり、より高い4輪の統合制御へと進化しているのです。

そんなS-AWCとは、どのようなシステムなのでしょうか?

次ページS-AWCとは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事