かつて話題となったS-MX、bB…恋人仕様車は今後登場するのか?

伝説のデートカー!? ホンダ S-MX

ホンダ S-MX

1996年に発表されたホンダ S-MX。見て、乗って、使って楽しいクルマ=「楽しさ性能」を徹底追及したミニバンですが、一部ではある種振り切った伝説のモデルといわれています。

コンパクトミニバン然としたS-MXですが、話題となったのはそのインテリアでした。前列は、運転席と助手席の間にスペースがないベンチシートタイプ。前後のシートを倒せばフルフラットシートにもなります。

また後席サイドには、小物入れがあり(フロントにはありません)、ドリンクホルダーはティッシュケースがそのまま入るなど充実の装備でした。

もちろん、車中泊に適したモデルであり、そちらの方面でも評価されましたが、その広告では、なにかと男女間の色恋を想起させるものが多く、若者をターゲットにしたモデルとして、世の人々は違うことも連想したのでした。

かの自動車評論家、故 徳大寺有恒氏も著書「間違いだらけのクルマ選び」において、このS-MXの露骨なマーケティングに驚いたと述べています。

いずれにせよ、利便性・居住性の高いモデルであったのは間違いないモデルだったといえるでしょう。

S-MX 画像ギャラリー

S-MXを駆逐した!? 新世紀のデートカー「トヨタ bB」

トヨタ bB 初代

前述のように、S-MXはメーカーの狙い通り!? 若年層を中心にヒットモデルとなりました。しかし国内最大手のトヨタが、その成功を心よく思うハズもありません。後発モデルとしてヴィッツをベースとし、同様のターゲット層に訴求する「トヨタ bB」を2000年に発表したのです。

こちらは、すこしヤンチャなエクステリアと、前後ベンチシート。そして2代目に進化すると、業界初となる「まったりモード」と名付けられたシートアレンジが話題となりました。これは“シートの着座位置が85mm下がる”というなかなか想定外の機能で、シートが沈み込み、リクライニングさせると、車内の人間が外から見えにくくなるというもの。

もちろん、休息時のシートアレンジとメーカーは発表していましたが、S-MXのヒットを受け「そうしたイメージ」を打ち出す要素のひとつであるのは間違いありません。

このbBは、2016年まで生産されました。

次ページ現在、デートカーはあるのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事