軽自動車規格からスタイリッシュSUVが誕生する日はいつ?

軽自動車にも本格SUVモデルは投入されるのか…?

ジムニー

※画像はスズキ ジムニー

2017年現在、トヨタ C-HRやホンダ ヴェゼルといったコンパクトSUVが好調で、その支持は、若者からミドル、シニア層まで広がっているようです。また、スポーツクーペのようなデザインを持つモデルも増えており、さらにユーザー層を広げそうな勢いなのです。

さて、ここ日本でコンパクトモデルといえば「軽自動車規格」を外しては語ることができません。排気量、車格、出力に枷があるものの、圧倒的な維持費の安さや、コンパクトゆえの取り回しの良さ、また環境性能の良さで、日本になくてはならないガラパゴス群モデルといえます。

現在のSUV人気を反映したモデルの投入も期待したいところですが、現行の軽自動車でSUVテイストを持ったモデルは、どれほどあるのでしょうか?

軽自動車におけるSUVモデルとは?

三菱 パジェロミニ 2010

※画像は三菱 パジェロミニ

まずSUVの定義をおさらいしてみましょう。SUVとは、スポーツ・ユーティリティ・ビークル(Sport Utility Vehicle)の略称であり、ここでいうスポーツとは、アクティビティ(サーフィン、スキー、アウトドアなど)を指しています。

つまりアウトドアを中心としたアクティビティに対応できるモデル、車高がある程度あり、AWD駆動であれば望ましい。加えて現在では、スタイルは都会的な洗練性やラグジュアリーテイストをもったもの、といった解釈になろうと思います。

そう考えると、軽自動車でもSUVといえるモデルは存在しています。軽SUVモデルをあげてみましょう。

スズキの大傑作、ハスラー

スズキ ハスラー

ご存知の人気モデル「スズキ ハスラー」は、立派なSUVモデルといえるでしょう。ファニーなデザインとカラフルなツートンカラーでスタイリッシュに仕上げつつ、大径タイヤを履かせてアクティブなイメージを与えている愛すべきモデルです。

このハスラーのベース車はなんとワゴンR。スズキの開発力というのは非常に優れたものがありますね。

スズキには、軽クロスオーバーSUVの先駆けともいえるモデル「Kei」がありました。実はこのハスラーは、Keiの生産終了を惜しんだユーザーの声を聞いた鈴木修会長が英断して開発したモデルなのだとか。

軽規格でも、商品力の高いモデルは作れるということを証明した1台です。

スタイリッシュSUVに近い存在、ダイハツ キャスト アクティバ

キャスト アクティバ

スズキ ハスラーのライバルといえるのが、ダイハツ キャストです。とくにクロスオーバーSUVテイストを多分に持ち込んだ「キャスト アクティバ」は、スタイリッシュSUVともいえる作りになっています。

このキャストは、SUVタイプの「アクティバ」、クラシカルなテイストの「スタイル」、そしてスポーツテイストを打ち出した「スポーツ」の3タイプを用意しています。同一コンポーネントを使いながら、アレンジして違うテイストのキャラクターを作りだしているところは、創意工夫を感じさせるところです。

いずれにせよ、キャスト アクティバはスタイリッシュSUVのエッセンスを上手く取り入れたモデルとなっています。

軽自動車界にもスタイリッシュSUVの波は押し寄せるのか!?

軽自動車は、全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2.0m以下といった車格に制限があります。そのため、キャビンを広く取るために、どのモデルも概ね同じようなデザインに収斂されています。これは、ある程度は仕方のないことです。

現在流行のスタイリッシュSUV的なデザインに仕上げたくても、サイズ制限で思うようなデザインがしにくいということもあるでしょうが、スズキ ハスラーのように、アイデア次第で魅力的なデザインの可能性はまだまだありそうです。メーカー、デザイナーの腕の見せどころですね。

かつてスズキのKeiに用意されたスペシャル仕様は、専用のバンパー&グリルを与えられており、よりSUVテイストを濃くしたモデルでした。台数はさほど出なかったようですが、小変更で大きくイメージを変えるやり方は、現在でも通用するのではないでしょうか。

今後、軽自動車にスタイリッシュSUVテイストを持ったニューモデルは現れるのでしょうか?各メーカーに期待したいところですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事