バブル期のスポーツカー復活!なぜ価格は高騰化してしまうの?

スポーツモデル復活は嬉しい事なのだが…

ホンダ NSX

2015年、ホンダからS660が発表され、かつてのホンダ ビート、ひいてはエスロクの再来だ!と、ファンのみならずスポーツカー好きが歓喜しました。

それに続いて2016年には、新型NSXと限定750台とはいえシビック タイプRを国内販売。こうしたホンダのスポーツモデル攻勢に、国内クルマ業界が刺激を受けているのは間違いありません。

しかし、です。多大な期待を持って、ニューモデルを待っていた方々は違和感を生じるところがあったでしょう。

・新型NSX…23,700,000円~
・新型シビックタイプR(2017モデル)…4,558,088円(英国価格)
・S660…2,180,000円~

そうです、高い!のです。フラッグシップのNSXは世界で勝負するスーパースポーツモデルなので、2,370万円~という価格が理解できなくもないのですが、初代モデルの販売価格は約800万円でした。つまり、たとえ一般庶民でも、ど根性で購入できるかもしれない、そんな存在だったのです。

また、シビック タイプRの初代モデルにいたっては約200万円と、まさにボーイズレーサーといった存在でした。ところが、新型タイプRはプレミアムスポーツといった立ち位置となり、手の届かない世界に行ってしまったような喪失感を覚えた元オーナーもおられるのではないでしょうか。

S660にいたっては、作り込みは素晴らしいものの、64ps規制の軽自動車で200万超えはちょっと高い…という意見も多いのが事実ですね。

ではなぜ、スポーツモデルはこのように高騰化しているのでしょうか?

昭和の小型スポーツカー「S8」と「ヨタハチ」、あなたはどちらが好み?
新型シビック タイプR、英国で価格を発表!日本はいくらになる?

次ページスポーツモデルの高騰化が進む理由

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事