車のシャーシ部分って洗う必要があるの?洗い方は?

クルマの下回りは洗った方が良いのだろうか?

マフラー

ボディは常に目につくため、洗車や補修、コーティングといったメンテナンスを行っていると思います。これは塗装の保護や、大敵であるサビを未然に防ぐことができますから、常日頃から目配りをしておきたいところ。

しかしクルマの下回りとなると、放置している方も少なくないかと思います。中にはガソリンスタンドの自動洗車機に用意されている「下回り洗浄」なんてオプションを見て、やっぱり洗ったほうが良いのかな?と思った方もいるのではないでしょうか。

クルマの下回り、シャーシ部分などは、泥や小石の跳ね上げなど、ボディ部以上にハードな使用環境にさらされています。ですからメーカーは、すべての車両に防錆処理を行っています。

つまり、ある程度はメンテナンスフリーといえなくもないのですが、何もせず放置しておいても良いものではありません。跳ね上げた小石がヒットして、ダメージを受けた個所からサビが始まってしまう可能性もあります。

また降雪が多い地域では、路面に撒かれた融雪剤(塩化カルシウム)の付着により、錆やすい状態になってしまいますし、沿岸地域では海水の影響を受けることがあるのはご存じの方も多いと思います。

そういった理由から、クルマの下回りの洗浄は、少なくても年に一度、降雪地を走行した後は、マメに行うべきなのです。

では、どのように下回りの洗車を行うのでしょうか?

下回りの洗浄方法

洗車

簡単なのは、ガソリンスタンドの自動洗車機でしょう。自動洗車機は、かつてのものとは格段に性能が上がっており、前述のように「下回り洗浄」がオプションで存在する機種もあります。およそ数百円で追加できるケースが多いでしょうから、気軽に利用できるといえます。

しかし自動洗車機は特定の車種に向けて設計されたものではないため、完全に汚れが落ちるというわけではないのも事実。

もっとしっかり落としたいという方は、ディーラーに相談するのも手です。リフトアップして高圧洗浄機でしっかり目視しながら洗浄してくれるので、その点も安心ですよね。ただし価格は自動洗車機のようにはいかないので、数千円程度の出費になるでしょう。

また同様のサービスは大手カー用品店等でも行っています。

自分で下回り洗浄を行うには?

お金をかけずに、自分で下回りだって洗浄したいという方もおられるでしょう。とはいえ、下回りは洗いにくい個所でもありますので、それなりに手間はかかります。

ホースを使った洗浄でもある程度効果は期待できますが、水道からの水圧には限度があります。そこでお薦めしたいのが、高圧洗浄機での洗浄です。これは下回りだけでなく、ホイールの汚れや、それこそ家の外壁まで綺麗にできる性能を持っていますから、とても便利なアイテムです。

さらにしっかり下回りを洗浄したいという方には、ジャッキアップをする方法です。地面から下回りを離すことで、確実に洗浄できるようになります。作業は前後をわけてジャッキアップして行うことになりますね。※ジャッキアップの際は、安全性・安定性をしっかり確保して行ってください。

下回りは滅多に目にすることのない個所なので、おろそかになりがちですが、前述の融雪剤や海水、さらには小石の跳ね上げによるダメージなど、錆の原因が多くあります。DIY派の方は、そういったトラブルの種を見つけたら、防錆剤、そしてシャーシブラックなどを吹き付けるなど、メンテナンスも行うと良いでしょうね。

見落としがちな下回りですが、定期的にケアをしてあげましょう。


洗車に食器用洗剤を使っても大丈夫なのか?使う際の注意点は?
洗顔も、洗車も泡立てが重要?!フォームガンとは?
車のボディがザラザラする...一体これは何?対策は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事