フェラーリの名車!ディーノ246GT/GTSってどんな車?

ディーノ246GT/GTSとは?

ディーノ246GT

ディーノ246GT/GTSは、1967年に誕生したディーノ206GTの後継車種に当たるモデルで、1968年~1974年まで販売されていました。

ディーノという名は、フェラーリの創業者であるエンツォ・フェラーリ氏の息子アルフレード・フェラーリ氏のニックネーム、"アルフレディーノ"および"ディーノ"からとったもので、V12を積んだモデルと区別するために、ディーノブランドとなったようです。

最初に市販されたディーノは、2.0Lの65度V型6気筒を載せた206GTで1966年にデビュー。同時にフィアットでも、同じエンジンを搭載したフィアット ディーノを発売しました。車種を増やした理由は、レースのホモロゲートを獲得するエンジン生産台数を早期に確保するためでした。

その後、1969年になると、ディーノは排気量を2.4Lに拡大。名称も、ディーノ246GTに変わりました。この背景には、ディーノ206GTが必要に生産台数を満たしたことやポルシェの911に対抗するためとも言われています。同時にコストダウンを図り、実用的なスポーツカーに仕上げるという目的もありました。

コストダウンにともないボディは、アルミからスチールに変更。新設計されたエンジンのシリンダーブロックも、アルミから鋳鉄製に変更されています。とはいえ、最高速は先代が200km/hに届かなかったところを、改良後は最高速235km/hまで高めることに成功しました。

また、見た目はほとんど変わりませんが、206時代と比べてボディサイズは若干大きくなってます。ちなみにディーノ246GTのボディサイズは、全長4,230mm×全幅1,702mm×全高1,110mmでした。

モデル名のGTは通常のクーペ仕様、GTSはオープンカーとなるスパイダーを表しています。

フェラーリF50をFBIが全損…衝撃の裁判結果とF50のその後は?
一度は乗りたいフェラーリ!維持費はどれくらいかかるの?

ディーノ246GT/GTSのスペックは?

ディーノ246GT/GTS

ディーノ246GT/GTSは、2.4LのV型6気筒エンジンを搭載しており最高出力は195ps/7,600rpmを発揮します。エンジンは、ミドに横置きで搭載されており、トランスミッションは5速MTでした。

駆動方式はスポーツカーとしては理想的なMRを採用し、後輪のトラクション確保と操舵力の高いハンドリングを両立しています。重量は若干重くなっていますが、それ以上にエンジン出力が向上しているので、ネガを感じることはないようです。

ディーノ246GT/GTSの中古相場は?

ディーノ246GT/GTSは販売が終了してから50年近くが経っており、市場に出回ることはほとんどありません。

大手中古車サイトによれば、現在日本全国にある台数は9台のみ、中古価格はほとんどが応相談を掲げています。参考までに価格を上げると、最低価格が3,780万円!ディーノの子孫ともいえる488GTBの新車が3,070万円ですから、それよりも高価ということになります。(2017年5月現在)

ディーノ246GT/GTSは、確かにクラシックデザインのクルマですが、かっこいいと思わせる定義は当時から変わっていないことを実感させてくれる、そんな魅力あるスタイルを持ったクルマです。

この記事をシェアする

最新記事