フェラーリ 360モデナの後継モデル、F430はどう進化した?

フェラーリF430という存在

今回、紹介するのはフェラーリF430。2004年から2009年の5年間に製造されたスモールフェラーリです。

スタイリングはピニンファリーナのチーフデザイナー、フランク・ステファンソン氏が手掛けており、360モデナからの流れを感じ取ることができるスタイルとなっています。

またF1参戦からの技術フィードバックというのもフェラーリならではの強み。このF430に搭載された新技術として「ローンチコントロール」「エレクトリック・ディファレンシャル」といった現在のスポーツモデルに必須ともいえる電子デバイスが搭載されたことも話題となったモデルです。

■フェラーリF430
ボディサイズ:全長4,515mm×全幅1,923mm×全高1,215mm
エンジン:TipoF136E型 4,308cc V型8気筒DOHC
最高出力:360kW(490ps)/8,500rpm
最大トルク:465N·m(47.4kgf·m)/5,250rpm
トランスミッション:6速MT/6速セミAT(F1マチック)
車両重量:1,450kg

さて、このF430の前身モデルとなるのがフェラーリ360モデナ。こちらはどのようなモデルだったのでしょうか?

フェラーリ360モデナとは?

現在中古市場で高騰してきているフェラーリF355の後継モデルとしてデビューしたのが360モデナ。F355まで採用していたリトラクタブルライトを廃止、丸みを持たせたデザインが現在でも賛否あるモデルですが、フェラーリのエントリーモデルとしてセールス的にも成功を収めました。

フェラーリ初となるオールアルミニウム製ボディのデザインはピニンファリーナによるもの。この360モデナの成功があったからこそ、F430以降のモデルも存在している、といえるかもしれませんね。

■フェラーリ360モデナ
ボディサイズ:全長4,477mm×全幅1,922mm×全高1,212mm
エンジン:3.6L V8 40バルブ
最高出力:400ps/8,500rpm
最大トルク:38.0kg·m/4,750rpm
トランスミッション:6速MT/6速セミAT(F1マチック)
車両重量:1,450kg

エンジンは1気筒5バルブを採用していました(F430では4バルブとなりました)。

次ページF430は360モデルからどう進化した?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事