アルファロメオ 4Cってどんな車?スペックや中古価格は?

アルファロメオ 4Cとはどんな車?

アルファロメオ 4C 2015

アルファロメオ 4Cは、2011年のジュネーブショーでプロトタイプが登場し、2013年に量産型を発表。日本においては、2014年7月から販売されているモデルで、日本での販売期間もまもなく3年となります。また、2015年11月にはオープンモデルの4Cスパイダーも追加され、ボディタイプはクーペ型とオープン型と2種類をラインナップしています。

ボディサイズは、全長3,990mm×全幅1,870mm×全高1,185mm、ホイールベース2,380mmのロー&ワイドなスタイル。車両重量は895kg(日本仕様は950kg)とかなりの軽量ボディで、乗車定員はクーペ、スパイダーともに2名。

エウステリアデザインは、アルファロメオ チェントロ スティーレ(デザインセンター)で、プロトタイプと量産型がほとんど変わらないスタイルが特徴です。

ちなみに、4Cにインスピレーションを与えたの1960年代に生まれたTipo33の公道バージョンTipo33/2 ストラダーレで、世界中の人々から「あらゆる時代のクルマのなかでもっとも美しい」と評されたアルファロメオの歴史に残る名車です。

インテリアは、余分なものを徹底的に排除し、必要とされるものだけが備わっています。レーシングカーのようなデザインのシートは、強化型複合材の構造体に軽量パッドを組み合わせた設計で、機能性はもちろん快適性も考慮されています。素材には、ファブリック、レザーまたはアルカンターラが設定されています。

アルファロメオ 4Cのスペックは?

アルファ ロメオ 4C 

4Cは、アルファロメオ量産車では初のMR方式(ミッドシップエンジン+後輪駆動)です。

エンジンは、アルミ製シリンダーブロック、新世代ターボチャージャー、超高圧式直噴インジェクター、吸気/排気側に備える連続可変バルブタイミング機構、スカベンジング(掃気)テクノロジーなどを備えた、オールアルミ製の新型1750cc直噴4気筒ターボ。

最高出力は177kW(240ps)/ 6,000rpm、最大トルクは350Nm(35.7kgm)/2,100-4,000rpmで、0-100km/hを4.5秒でこなします。組み合わせるトランスミッションは、2ペダルの アルファ TCT(6速乾式デュアルクラッチオートマチック)を採用しています。

ちなみに、4Cのネーミングは、1930-40年代の名車8Cや6Cに準じたもので、搭載エンジンのシリンダー(イタリア語でcilindri)の数を表しています。

アルファロメオ 4Cの中古価格は?

大手中古車情報サイトによると、アルファロメオ4Cの中古車は、4C/4Cスパイダーを合わせても十数台のみです。

最低価格は649万円、最高価格は891万円で、中古相場の平均価格は759.3万円となっています(2017年5月時点)。平均走行距離は4,906.6kmと短め。日本国内での販売が3年未満ということもあり、新車同様の中古車がほとんどという状況です。

最も安価な個体は、2015年式で走行距離は1.4万kmと4Cの中古車としては比較的走っています。車検は2018年2月です。

一方、最高価格の4Cは、同じ2015年式ながら、走行距離はわずか16kmと新車状態。ローンチエディションという特別仕様車で、カーボン製シリアルナンバープレート 専用カラーのブレーキキャリパー、エアクリーナー、ショックアブソーバー、リヤのアンチロールバーなどが専用品です。 販売店保証も2018年4月までついています。

発売から3年未満のためアルファロメオ 4Cの中古車は、それほど多くありません。4Cの中古車を狙うのであれば、最初にデリバリーされた車両が車検を迎えるまで、もう少し待ったほうが良いかもしれませんね。

とはいえ、コンパクトでも特別なエクステリアデザインと内装、そして醸し出すオーラはスーパーカーそのもの。お金があったらすぐにでも手に入れたいモデルでしょう。

この記事をシェアする

最新記事