【車好きインプレ】レンジローバー イヴォークの走り、インテリア・エクステリアは?

レンジローバー イヴォークとは?

レンジローバー イヴォーク

2012年にデビューしたレンジローバー イヴォーク。レンジローバー史上最もコンパクトなクロスオーバーSUVですが、その白眉はルーフラインを低く設定し、クーペ的なシルエットのスポーティーなエクステリアとなっています。

搭載されるエンジンは、新開発の2.0L 直列4気筒ターボ。直噴テクノロジーとターボチャージャー、可変バルブタイミング機構の組み合わせで、最高出力は177kW(240ps)を発生。9速AT、フルタイム4WDモデルでありながら、JC08モード燃費は10.6km/Lを達成しています。

ボディ形状は、5ドアとクーペ、さらにコンパーチブルが用意されています。

すべてのモデルに、トルクベクタリング バイ ブレーキ、アクティブ ドライブライン、ATPC(オールテレイン プログレス コントロール)など、さまざまな状況で活躍するドライブアシスト技術を装備しています。

今回、試乗したモデルは、19インチホイールとフルオックスフォードレザーシートが特徴となる中間グレードのHSEです。エクステリア&インテリアの動画と合わせて、ご覧ください。

【動画】レンジローバー イヴォークの走り

【動画】レンジローバー イヴォークのエクステリア・インテリア

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事