新型フォードGT、人気のためデリバリー2年遅れ!? 性能を大幅アップしたその内容

フォードGTとは?

フォード GT 奥から初代〜3代目

初代フォードGTは、2005年に登場し、2006年までの間に1,500台が限定生産されました。この初代モデルは、フォード100周年を記念して発売されたもので、1960年代に活躍したスポーツカー、フォードGT40(1966年発表)をモチーフとしていました。ちなみに40という数字は、全高が40インチであることから付けられたもので、表記を変えると1,016mmとなり、いかに低い車体であったかがわかります。

2代目フォードGTは、フォードGT40の50周年に合わせデトロイトモーターショー2015でワールドプレミアを飾りました。

先代のフォードGTは、アメリカンスポーツカーらしく、5.4Lのスーパーチャージャー付きV8をミド搭載したモンスターマシン。復活したフォードGTは、どんな性能を持ったモデルに仕上がっているか見ていきましょう。

【フォードGTスペック】
エンジン:5.4Lスーパーチャージャー
駆動方式:MR
最高出力:647hp
全長:4,643mm
全幅:1,953mm
全高:1,125mm
ホイールベース:2,710mm

次ページ新型フォードGTはどんな車に?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事