【車好きインプレ】新型インプレッサは想像以上の走り!リアルな感想を紹介

新型インプレッサ、新開発スバルグローバルプラットフォームを採用

スバル インプレッサ インプレ

新型インプレッサは、スバルの次世代プラットフォーム“SUBARU GLOBAL PLATFORM”をはじめ、国産初となる歩行者保護エアバッグとアイサイトver.3を全車標準装備。また、衝撃エネルギー吸収量を前モデル比1.4倍にするなど、安全性能を強化したことにより、「衝突安全性能評価大賞」「衝突安全性能評価特別賞」を受賞し、話題となりました。

搭載するエンジンは、4ドアセダン、5ドアハッチバックともに、1.6L水平対向4気筒NAと、新開発の2.0L水平対向直噴の2種類を用意。ミッションのリニアトロニックには改良を加え、発進加速性能と高速巡航時の燃費を改善しています。

また、ボディ、サスペンション剛性をともに向上。さらに足まわりの設計を見直すなど、大きく進化しています。

動画では、5ドアの2.0Lモデルを解説。決してパワーのある車でもなく、スポーツ系の車でもなくなったインプレッサですが、その走りはとてもスムーズで快適だったようです。

【動画】スバル新型インプレッサに試乗




関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事