フェラーリ F430はどんな車?スペックや中古価格は?

フェラーリ F430とはどんな車か?

フェラーリ F430

フェラーリには、1970年代からV8エンジン搭載の通称「スモールフェラーリ」と呼ばれるモデルと、V12エンジン搭載モデルの2系統がラインナップされてきました。

このF430は、スモールフェラーリの系統で、2004年に発表されたモデルです。日本での販売期間は、2005年3月~2009年。発表当時は6段MT仕様が2,079万円、2ペダルMTのF1トランスミッション仕様は2,205万円でした。

430のボディタイプは、ベルリネッタ(クーペ)とスパイダーの2種で、乗車定員はいずれも2名。このほか、ミハエル・シューマッハが開発に大きく関与した430スクーデリア、2008年にフェラーリF1がコンストラクターズタイトルを獲得したことを記念して製作された限定モデル、スクーデリア・スパイダー16Mなど販売されました。

F430のボディサイズは、全長4,515×全幅 1,923×全高1,215mm、ホイールベース2,600mm。全高1,215mmというかなり低い車高が、スーパーカーらしさを感じますね。車両重量は、1,450kgと、排気量4.3LのV8エンジンを搭載しながら、1.5t以下の車重に抑えられています。

フェラーリ F430のスペック

フェラーリ F430

スモールフェラーリといっても、F430のV8エンジンはとてもパワフルです。

4.3Lの排気量から、最高出力360kW(490ps)/8,500rpm、最大トルク465Nm(47.4kgm)/5,250rpmを発生。360モデナに比べて最大出力で約90psもアップしています。

エンジンは車体の真ん中にセットされるミドシップレイアウト。トランスミッションは6速MTと、F1マチックの2種。

490psもの大パワーに対応して、タイヤサイズは先代の360モデナよりも拡大され、フロント225/35ZR19、リア285/35ZR19を採用。

また、430の特徴のひとつとなるヘッドライトはプロジェクターランプで、ハイ/ローの切り替えが可能なバイキセノンタイプを採用。これによってライトの小型化が可能となり、シャープな顔つきとなっています。

フェラーリ F430の画像ギャラリー

フェラーリ F430の中古価格は?

フェラーリF430(ベルリネッタ)の中古車価格を見てみましょう。

大手中古車情報サイトによると、最低価格1,120万円、最高価格は1,790万円、平均価格は1,514.9万円となっています。(2017年5月現在)

年式は、2009年が最終デリバリー年度ながら、10年以上が経過しているモデルが中心となっています。とはいえ、フェラーリはどのモデルでも高値安定傾向で、F430の平均価格も1,500万円超と高額になっています。また、平均走行距離は2,3158.5Kmと、実用的な車種に比べるとかなり短めです。

1,790万円のプライスタグが付いたF430は3台ヒットしましたが、そのうちの1台は正規輸入車で、走行距離はわずか2,000kmと新車同様といっても差し支えない状態でした。発売から10年近い年月が経過しているのにもかかわらず、2,000kmしか走っていない個体。どういった経緯でこんなに少ない走行距離になっているのか、想像がふくらみますね。

一方、廉価なF430は、2005年式の1,180万円という個体。走行距離は4.3万キロで修復歴なし。整備記録簿はしっかり残っており、パワークラフト キャタライザーストレートなどステアリングギアボックス交換済、 F1エンゲージ セレクションセンサーやフューエルポンプ、F1ポンプなども交換済。車検も約1年残った状態でした。

ちなみに、オープンボディのF430スパイダーは、最低価格が1,290万円、最高は1,895万円と、ベルリネッタよりも若干高額な傾向にあるようです。

初年度デリバリーであれば、10年以上が経過しているにもかかわらず、それでも1,000万円以下の中古車を探すことが難しいF430。廉価版のスモールフェラーリとはいえ、庶民にはやはり憧れの車のようですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事