新型BMW M3と新型BMW M4、どう変わったの?

欧州スポーツモデルの血統…BMW M3、M4

BMW M4 2017

メルセデスのAMG、フィアットのアバルト、ルノーのアルピーヌ…。欧州メーカーには、スポーツモデルを示すブランドが古くから存在しています。BMWでいえば、Mになるというのは周知のことでしょう。

BMWのM3は、1985年に初代モデルが発表されており、その生い立ちはやはり「レースで勝つ」ためのものでした。ドイツにおいては、DTM(ドイツツーリングカー選手権)が主戦場であり、そこでメルセデス、オペルなどと凌ぎを削ってきたことがM3のアイデンティティにもなっています。

2017年現在、5代目となったM3は、現行3シリーズのF80型をベースにチューニングされているモデルです。このF80型に刷新されたことで、クーペおよびカブリオレボディはM4に変更。とはいえ、同じシャシーをベースにしています。

そして2017年5月、4シリーズがマイナーチェンジを受けたことに連れ立ってともない、M3、M4のマイナーチェンジモデルが発表されました。

その変化は、エクステリアデザインに進化がみられ、象徴的なキドニーグリルとシームレスに存在するヘッドライトにはデイライト機能付きのアダプティブLEDヘッドライトが採用されています。

また、テールライトも同様にLED仕様(M4のみ。M3はすでに採用済み)となっており、エクステリアデザインだけでなく、視認性、耐久性が向上しています。

次ページまさにジャストフィットのレーシングマシン?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事