FF、FR、MR、RR車…外観から見分ける方法

FF駆動とFR駆動の見分け方は…

4代目シビック タイプR

2017年現在、新車で販売されている車両は、圧倒的にフロントエンジン、前輪駆動のFFモデルが多くなっています。4WDモデルであっても、基本的にはFFがベースになっていることがほとんどです。

フロントを駆動するFFは、直進性が良いこと、またFRのように長いプロペラシャフトやディファレンシャルギアなどのパーツが必要ないことから、キャビンを広く取ることが可能で、軽量かつ余分なコストが発生しないというメリットもあります。

以前は、フロントが重くなることによるハンドリングのアンダー傾向というデメリットも指摘されていましたが、現在ではエンジン搭載位置の工夫や軽量化、電子制御などによってそのネガも払拭してきていますね。

さて、本題のFF駆動とFR駆動の見分け方です。

クルマ好きならある程度車種で把握していることでしょうが、FFかFRかは、しゃがんでリアの足回りを覗き込むとヒントが見えます。

FF駆動のモデルは、当然リアタイヤを駆動に使いませんので、リアにデファレンシャルギアやドライブシャフトが搭載されていません。つまりタイヤの駆動部分がスッキリしていればまずFF駆動と思って間違いないといえます。

トヨタ 86

逆にFR駆動であれば、リアタイヤを駆動させますから、リアのセンターにデフケースが必ず搭載されています。このケースが見当たらなければ、まずFFと思って間違いありません。

とはいえ4WD車は前後にデフが搭載されていますから、これだけでは心許ない、そんな場合はボンネットを開けてみると良いかもしれません。

FF(また4WD)のモデルは、基本的にエンジンが横向きに搭載されています。対してFR駆動はエンジンを縦置きにするケースが多く、これは構造上振動を打ち消す効果なども指摘されており、高級車などでいまだFRレイアウトが採用されるエビデンスにもなっています。

なかには、スバルやアウディのように縦置きのFF駆動(AWD)モデルもあるので、いちがいに決めつけることはできませんが…。

また前後タイヤのサイズや、トレッドでも見分けられることがあります。

まずほとんどのFFは、リアよりもフロントのトレッドのほうが広く設計されていますので、諸元表に目を通せばわかるかもしれません。大パワーのFRモデルはリアタイヤのほうがフロントより太く設定されているケースが多く、これなども外観で見分ける大きなポイントといえるでしょう。

次ページMR、RR駆動は外観からどう見分ければよいのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事