【車好きインプレ】メルセデス Cクラスクーペ スポーツの走りはセダンと比べてどうか?

新型Cクラスクーペ スポーツの走りを動画で紹介!

新型Cクラスクーペ スポーツとはどんな車?

2016年からメルセデス Cクラス(W205)に追加されたCクラスクーペは、セダンに対してAピラーより後ろを専用設計。

車高はセダンに比べて25mm低く、メルセデス製のクーペらしい流麗なプロポーションを完成させると同時に、スポーツは4ドアで言うAMGラインと同等の装備がされ大径ディスクブレーキが装備されています。

一方インテリアは、専用のスポーツシートを装備し、センターコンソールは4ドア同様質感の高いつや消しWOOD。ドアのサイドパネルはアルミとなる。

取材車であるC180クーペ スポーツに搭載されているエンジンは、1.6Lの直噴ターボ。最高出力と最大トルクは、それぞれ115kW(156ps)/5,300rpm、250Nm(25.5kgm)/1,200-4,000rpmを発生。

ホイールベースは同じながらトレッドは前後共に拡大しています。このあたりが走りに違いをもたらすのかどうか気になるところですね。動画では、その辺りもじっくり検証しています。

無題

この記事をシェアする

最新記事