【車好きインプレ】メルセデス C350eステーションワゴンに乗ってみた!

PHV化によって増加した車重の影響は?

メルセデス C350eステーションワゴン インプレ

2015年に国内導入が開始されたハイブリッドモデルが、C350eステーションワゴン アバンギャルドです。

パワートレーンは、2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTエンジンにブースト機能も合わせ持つ高出力の電気モーターを組み合わせ、システム全体で205kW(279ps)/600Nm(61.2kgm)を発生。ガソリンエンジン、電気モーターを使い分けることで、16.5km/L(JC08モード)という優れた燃費を実現しています。

モーターのみでの航続距離は約30kmで、最高速は130km/Lをマークします。この電気モーターは、走行中の回生ブレーキによる充電も可能です。

走行モードは、エンジンとモーターを併用するハイブリッド、電気モーターのみで走行するE-モード、バッテリーの充電レベルを維持しながら走行するE-セーブ、そして走行しながらバッテリー充電を行うチャージの4つが用意されています。

PHV化によって、車重は同じエンジンを積むC250ステーションワゴン SPORTSに比べ、230kg増の1,890kg。このあたりが、ハンドリングや運動性能にどういった影響をおよぼしているのかが気になるところではないでしょうか?

動画では、そのあたりについても言及されています。

【インプレ動画】C350eステーションワゴン アバンギャルドに試乗!

この記事をシェアする

最新記事