マツダ、3列シートの新型クロスオーバーSUV「CX-8」を導入!どんな車?

3列シートSUV、CX-8を年内にリリースするマツダの思惑…。

マツダ CX-8 インテリア (2017)

マツダにはすでにCX-9という北米市場に投入している大型SUVがあります。しかし、日本市場への投入は、いまだ行われていませせん。理由は、やはり日本の道路事情に合わないボディサイズでしょう。これは、最近発表されたスバル アセントも同様ですね。

マツダとしては、CX-9を日本市場に導入する英断の選択肢もあったハズですが、好調のスタイリッシュSUV、CX-5に手を加えたニューモデル「CX-8」を投入することになったようです。

マツダのCX-8のリリースを以下に抜粋します。

■「マツダ CX-8」の諸元(一部)
ボディサイズ…(全長x全幅x全高) 4,900mm x 1,840mm x 1,730mm
ホイールベース…2,930mm
エンジン…SKYACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼルエンジン)
トランスミッション…SKYACTIV-DRIVE(6速自動変速機)
乗車定員…6名/7名
『CX-8』は、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用したマツダの新世代商品群の最新モデルであり、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなります。

このように、CX-5と比べ全幅は変わらないものの、全長で360mm、ホイールベースで230mm、それぞれ拡大されており、3列シート搭載の居住性を向上させるリファインがなされていることが想定されますね。

※画像はCX-9

次ページマツダがCX-8投入発表を行った理由とは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事