ポルシェ 718ケイマンってどんな車?中古相場は?

718ケイマンの概要

ポルシェ 718 ケイマン

ケイマンは、エンジンをミドに積んだ2シータークーペです。初代モデルの登場は2005年で、ポルシェを手軽に楽しめるスポーツカーとして人気があります。

オープンカーのボクスターがベースとなっており、クローズドボディの恩恵でボディ剛性が高いことも特徴です。

乗車定員は2名。エンジンはミドに搭載されているということで、実用上の制約はありますが、フロントのボンネット下とエンジンルーム後方のリアにラケッジスペースがあり、普段使いでもそれほど困ることはありません。

また、ボディサイズも全長4,385mm×1,825mm×1,295mmと、比較的コンパクトなので道幅の狭い日本の道路事情にマッチしています。

718ケイマンの画像ギャラリー

718ケイマンのスペック

ポルシェ 718 ケイマンS

ミドに搭載されるエンジンは、現行モデルの718からダウンサイジングターボに変更。従来よりもパワフルかつ低燃費となっています。では、それぞれのスペックを見てみましょう。

  718ケイマン 718ケイマンS
駆動方式                       MR MR
エンジン 1,987cc 2,497cc
最高出力 kW(PS)/rpm) 220(300)/6500 257(350)/6500
最大トルク Nm(kgf・m)/rpm 380(38.7)/1950 420(42.8)/1900
トランスミッション 6速MT/7速PDK 6速MT/7速PDK

エンジンはベースモデルでも2.0Lで300psという十分以上のパワーを発揮します。このエンジンを車両の中心に近い場所に搭載したクローズドボディの素性は、RRの911よりも走行性能に優れるといわれています。

とはいえ、ポルシェのフラッフシップは911ですから、ケイマンは911を超えないよう意図的にエンジン性能が抑えられているのです。トランスミッションは、6速MT、もしくはPDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)の7速ATが組み合わされます。

ケイマンの中古価格について

ポルシェ 718 ケイマンS

大手中古車情報サイトによると、初代から現行型までまとめたケイマンの中古相場は、205万円~1,630万円となっています。

初代モデルであれば、新車の約1/3で購入できるモデルもありますが、初代モデルは2008年のマイナーチェンジで排気量やトランスミッションが変更されています。初代モデルで検討されている場合は、中古相場が若干上がりますが、後期モデルのほうがおすすめかもしれません。

  ケイマン ケイマンS
最低価格 205.0万円 338.9万円
最高価格 560.0万円 1630万円
平均価格 382.5万円 984.5万円
(2017年4月時点)

いずれにしても、高嶺の花と思っていたポルシェが、この価格帯で購入できるとなれば、触手が動く方も多いのではないでしょうか?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事