走りを楽しみたい!車に必要な条件5選

車に必要な条件①〜③

① 必要十分なパワーユニット

スズキ ブースタージェットエンジン

クルマには当然重量があり、車種により様々です。軽いクルマだと500kg台から、重いクルマだと2.0t超え、となるでしょう。こうした重量に対して、必要十分もしくはそれ以上のパワーがなければ、いざという時にドライバーが想像するような加速ができません。

過剰なパワーは正直持て余してしまうので、そこまで必要ではないですが、最低限の余裕をもったパワーは当然欲しいところです。

排気量が小さくともターボ、スーパーチャージャーといった過給機があれば十分なパワー、トルクが得られるでしょう。ただし、自然吸気エンジンのスムースさ、高回転域までの伸びの良さ、というのも感覚的な愉しさに繋がりますから、これはドライバーの好みといえるかもしれませんね。

② 確実に止まるブレーキ

ブレンボのブレーキ

かのポルシェはブレーキの開発に多大な時間とコストを投入しています。同じモデルでもエンジンを強化すればブレーキユニットを見直します。ご周知の通り、速いクルマには強力なブレーキが絶対に必要なのです。

どんなパワーユニットを搭載していようと、ブレーキが利かなければその性能を引き出す事はできません。一方、ブレーキのフィーリングの良いクルマというのは「安心して乗れる」と感覚的に判断できます。ブレーキはドライビングプレジャーに欠かせない大切な要素なのです。

サーキットでタイムを上げる…という事にチャレンジした場合、ついエンジンパワーを上げる事を考えがちですが、ブレーキ性能を向上させる事でタイムが上がる事は多いのです。

これは減速させる距離と時間が短くなるわけですから、当然のこと。また公道で走る際にもブレーキ性能が高いというのは安全性の担保、という事になりますから、ブレーキ性能の向上というのは非常に重要といえますね。

③ グリップするタイヤ、しなやかな足回り

日産 GT-R

ブレーキに加えて大切なのは「タイヤ」です。各種レースをみていただければわかる通り、タイヤ性能でラップタイムは大きく変わってきます。

昨今のクルマに標準装備されているタイヤはエコタイヤのケースが多く、グリップ力よりも転がり抵抗の少ない燃費を稼げる、固いタイヤが装着されています。

どんなクルマ、それこそミニバンであっても、スポーツラジアルなどグリップ力のあるタイヤに履き替えるだけで、すべての運動性能がアップします。いうなれば、革靴から運動靴に履き替えたような感覚が得られるでしょう。

また、純正サスからスポーツサスに変更し、車高も少しだけ下げるとロール量も減り、より乗り味がしなやかになると感じられるはずです。

少々コストのかかるところですが、タイヤ、サスのカスタマイズはお勧めです。もちろん、タイヤだけでも実感できる効果がありますから、一度試してみましょう。(ハイグリップになればなるほど燃費は落ちますのでご注意)

次ページ車に必要な条件④⑤

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives